メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > ビジネスマナーに役立つ担当変更メールの書き方と例文の紹介

ビジネスマナーに役立つ担当変更メールの書き方と例文の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事異動や退職などで担当者が変更になる場合は、顧客に知らせる必要があります。しかし、どのようなことに気をつけてメールを作成したらいいかわからない方も多いでしょう。今回は、担当変更メールを作成する際のマナーと例文をいくつかご紹介します。

担当変更メールのマナーを押さえよう

企業で働いていると人事異動や退職など、対応している顧客の引き継ぎが発生することもあります。担当を変更する場合、今まで担当していた顧客を後任者へ引き継いだり前任者から顧客の担当を任されたりと、状況に応じて立場は変わります。その際は、前任者、後任者どちらの場合でも必ず顧客へメールを送る必要が出てくる場面も出てきます。ここで、担当変更メールを送る際に押さえておきたいマナーをご紹介します。

基本的に前任者が顧客へ担当者が変更する旨のメールを送る

担当を変更する必要がある場合は、基本的にこれまで信頼関係を築き上げてきた前任者が、挨拶と合わせて担当者が変更する旨を伝えることがマナーです。人事異動や退職をする際は、様々な引き継ぎ作業に時間を取られて大変かと思いますが、これまでお世話になった顧客へ失礼のないよう、適切な挨拶メールを送り誠実な対応を心掛けましょう。

新しい担当者が営業や業務を始める前にメールを送る

担当変更のメールは、新しい担当者が業務を始める前に必ず送るようにしてください。何のお知らせもなく知らない人からメールが届いたり、前任者以外が会社に訪ねてきたりすると、顧客は驚いてしまいます。顧客を不安にさせないためにも、担当変更のメールは早めに送るようにしましょう。

担当変更の理由は簡潔にわかりやすく伝える

どのような理由で担当者が変更になるのかを説明しなければ、顧客は会社の対応に不信感や不安を抱いてしまいます。転勤や異動、退職が理由で担当者を変更する場合は、しっかりそのいずれかの事情で担当が変わる旨を伝えましょう。なお、異動や退職をする理由までは具体的に説明する必要はありません。

「いつ、誰が」後任の担当者になるのかをしっかりと明記する

担当者を変更する際に、一番顧客に伝えなければいけないことは「いつ、誰が」後任の担当者になるかということです。どのタイミングで担当者が変更になるかわからないと、急ぎの案件や重要な連絡が前任者に届いてしまい、対応が遅れたりする恐れがあります。また、誰が次の担当者なのかという明記がないと、顧客は新しい担当者を迎え入れる心構えができません。スムーズに引き継ぎを行うためにも「いつ、誰が」担当を引き継ぐのかという情報をメールに記載して送りましょう。

前任者が担当変更メールを送る際のポイントと例文

担当変更メールを送る際のマナーをご紹介しましたが、実際どのような文章を作成すればいいのかわからない方も多いかと思います。そこで、前任者が顧客へ担当変更メールを送る際に押さえておきたいポイントと、参考にできる例文をまとめました。

メール作成時のポイント

新担当者と顧客の信頼関係が築きやすくなるような文章を意識する

担当者変更をお知らせする内容の中に新しい担当者の紹介文を添えることにより、顧客は「どのような人が次の担当者になるのか」イメージしやすくなります。

感謝の気持ちを込めた温かみのある文章を作成する

担当変更メールを送る際は、お世話になった顧客へ感謝の意を示すことも大切です。感謝の気持ちを伝えて気持ち良く引き継ぎを完了させましょう。また、新担当者と直接挨拶しに伺う予定がある場合は、その旨もしっかり伝えておきましょう。

顧客へ送るメールの例文

件名
株式会社○○ ○○【担当者変更のお知らせ】
本文
株式会社〇〇
〇〇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の△△です。

本日は担当者変更についてお知らせ致します。

この度人事異動に伴い、
〇月〇日より弊社の営業部〇〇(後任者の名前)が貴社の担当をさせて頂くことになりました。
在任中、〇〇様には大変お世話になり、本当に感謝しております。

〇〇(後任者の名前)は入社17年のベテラン社員で、長らく営業業務に携わってまいりました。
今後も変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、後日改めまして、〇〇(後任者の名前)と共にご挨拶に伺わせて頂く所存ではございますが、取り急ぎメールにてご報告させて頂きました。

上記につきまして、何卒よろしくお願い致します。

新しい担当者が担当変更メールを送る際のポイントと例文

基本的に担当変更のメールは前任者が顧客へ送るのがマナーですが、事情や状況に応じて新しい担当者が担当変更の旨のメールを送る場合もあります。また、担当変更する場合、新しい担当者はこれから担当になる旨の挨拶メールも送らなければいけないので、メール作成時のポイントと例文はしっかりと押さえておきましょう。

メール作成時のポイント

初めてビジネスメールを送る相手になるため件名や本文の内容を意識して書く

新しく担当者になる方は、初めて顧客にメールを送ることになるため、件名で顧客が「誰からきたどのような内容のメールなのか」を把握できるように作成しましょう。そのため、「件名:初めまして」などのシンプル過ぎる内容は誰から送られてきたものかわからないため、スルーされてしまう恐れがあります。必ず件名には「要件と名前」を入れるようにしましょう。

(例)件名:株式会社〇〇 〇〇【新任のご挨拶】

どのような業務に携わってきたのかなどの自己紹介を軽く入れる

挨拶や担当者変更のメールを送る際は、自身がどのような業務に携わってきたのかなどの自己紹介を入れて、人柄や実力がわかるようにしましょう。そうすることで、顧客が新しい担当者のイメージを掴みやすくなるため、初めて対面する際もコミュニケーションが取りやすくなります。

初めてメールを送る相手でも「お世話になっています」という言い回しが基本

基本的にビジネスメールの場合は、初めてメールを送る顧客であっても、「お世話になっています」という言い回しを活用します。ビジネスマナーとしてしっかり押さえておきましょう。

顧客へ送るメールの例文

件名
株式会社〇〇 〇〇【着任のご挨拶】
本文
株式会社〇〇
〇〇様

平素より大変お世話になりまして厚く御礼申し上げます。
株式会社○○の○○でございます。

この度、貴社のご担当をさせて頂いております□□(前任者の名前)が、
4月1日付けで〇〇支店へ異動となったため、新任として〇〇が担当させて頂くこととなりました。

先日までは○○支店にて、新規開拓業務を担当しておりました。
不慣れな部分も多々あり、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、
いち早く貴社のお役に立てるよう努めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

後日改めまして、ご挨拶させて頂く所存ではおりますが、
まずは取り急ぎ書面にて挨拶とご連絡をさせて頂きました。

上記につきまして、何卒よろしくお願い申し上げます。

例文やマナーを押さえて担当変更メールを作成しよう

担当が変更する際は、顧客へしっかりと連絡をしなければいけません。何の連絡もなしに、いきなり担当者が変更されていたら、顧客はあなた方の会社に不信感を抱き、これまで築き上げた信頼関係を失う可能性もあります。そのため、前任者と新しい担当者はこれからもいい関係性を継続できるように、ビジネスマナーに気をつけながら、必ず担当変更メールを送るようにしましょう。なお、担当変更メールで連絡をした後は、前任者と新しい担当者は一緒に顧客の会社を訪問してください。直接挨拶した方が丁寧なので、できるだけ時間を見つけて顧客の所へ足を運ぶようにしておくといいかもしれません。また、担当変更メールの作成者が前任者か新しい担当者かによって内容が大きく変わるので、今回ご紹介した例文をぜひ、参考にしてください。

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク