ステータス自動変更

顧客の温度感による柔軟なセグメントを実現する
「ステータス自動変更」機能

メール配信後の開封やクリック、特定ページへの来訪といった顧客行動を基に、
顧客レコードの「顧客ステータス」を自動で変更できます。

「顧客ステータス」は、配信リストの抽出条件に使えたり、複数のステータスに分布する顧客へ同じメールを送れるなど、
柔軟なセグメント配信を実現します。

ステータス自動変更

見込み顧客の温度感を計る
「顧客ステータス」を自由に設定できる

顧客の温度感を推し量るステータスの設定を自由に行えます。
自社運用に適した表現で見込み顧客の温度感の段階を設定できます。

ホットリード抽出_顧客ステータス設定

※上記の内容は設定例です。

メール送信時に、
開封/クリックによるアクションを設定

メール配信の設定時に、メールの開封/クリック後のアクションの設定を行う事ができます。
これにより、メールを開封した顧客/クリックした顧客毎に温度感の目安となる「顧客ステータス」を変更できます。

ステータス自動変更

※上記の内容は設定例です。

  • メール開封時のアクション設定

    顧客がメールを開封したら、どのようにアクションを行うかを設定できます。

    左図設定例の場合、

    顧客ステータス『コールドリード』の顧客が、
    メールを開封したら『ウォームリード』へ変更する


    という操作を瞬時に自動で行います。
  • URLクリック時のアクション設定

    顧客がメールをクリックしたら、どのようにアクションを行うかを設定できます。

    左図設定例の場合、

    顧客ステータス『ウォームリード』の顧客が、
    メール内のURLをクリックしたら『ホットリード』へ変更する


    という操作を瞬時に自動で行います。

メール配信後、
顧客ステータスを一目で確認できる

配信リストには、「顧客ステータス」を表示できます。配信リスト上で顧客の温度感が一目でわかるほか、
リストの検索/抽出条件としても利用でき、顧客の温度感に基づいた配信も行う事ができます。
もちろん、リストのダウンロードも可能なので、熱感の高い顧客へ即アプローチを行いたい場合には、
営業架電リストとしても活用できます。

顧客ステータス
ホットリード抽出_顧客ステータス_検索ウィンドウ
見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」
ページトップへ