HTMLメール配信

視覚的に訴えかけるメールを
HTMLメールで配信

配配メールでは文字の装飾や画像の差し込みが可能なHTMLメールをカンタンに作成し、配信することができます。
本来、HTMLメールを配信するためには、HTMLタグと呼ばれるプログラム言語での記述が必要なのですが、そういった専門知識が無くてもドラッグ&ドロップで画像や文字ブロックなどの差し込みができるHTMLメールを作れる「HTMLエディタ」をオプションにてご用意しております。

HTMLメールの
作成事例集をプレゼント

資料をもらう

STEP1 メールの型をつくる

メールの型をつくる

まずは、HTMLメールの型となる、コンテンツの配置を決定します。
右側のコンテンツパネルから、ドラッグ&ドロップで配置をしていきます。

画像、テキスト、CTAボタン、分割線、SNSへのリンクボタンなどのコンテンツパートの配置ができます。

STEP2 メールのコンテンツを埋め込む

メールのコンテンツを埋め込む

HTMLメールの型の中に配置したコンテンツパート毎に、コンテンツを登録していきます。

画像パートには、画像ファイルをドラッグ&ドロップで配置ができ、テキストパートには、直接編集にて、テキスト情報を登録する事ができます。

また、CTAボタンパートをクリックする事で、ボタンの色・名称・リンク先URLの設定を行う事ができます。

※画面はイメージです。
※新HTMLエディタはオプションです。
 旧来のHTMLエディタオプションをお申込み済みのお客様は、追加費用無しで新HTMLエディタもご利用いただけます。

操作イメージ動画

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~18:00 (土日祝日除く)

関連お役立ち情報

  • テキストメールとHTMLメールの違いとは?目的に応じて使いわけるコツ

    メルマガを作成する際、テキストメールとHTMLメールの特徴を把握して使い分けることが、マーケティング効果を高めるポイントです。ここではそれぞれのメール形式の特徴や目的に応じたメール形式の選び方についてご紹介します。

  • HTMLメールの送信方法と注意点とは?Gmailなど各種メーラーについて解説

    HTMLメールの送信においては、レイアウト構造やCSSの記述方法に注意しなければなりません。適切な作成手順を踏まない場合、受信者にメールが届かなかったり、画面に表示されなかったりする可能性があります。本記事では、HTMLメールの送信方法と作成時の注意点、またGmailなどの主要メーラーにおける送信方法をご紹介します。

ページトップへ