ホットリード抽出

見込み顧客を瞬時に可視化できる
「ホットリード抽出」機能

複数の配信結果を横断してメールへの反応をした顧客を抽出できます。

これまで、開封/クリックした顧客の抽出は、単発でのメール配信結果からしか得られませんでしたが、
本機能により、複数のメール配信結果を横断した反応顧客の抽出できるようになるため、
より精度の高い「ホットリード」の抽出が行えます。

対象となるメールは、配信した期間もしくは、直近の配信回数にて指定することができます。
これらの対象メールを、どれだけの回数の開封/クリックを行ったかで反応顧客を抽出します。

ホットリード抽出

簡単かつ柔軟な検索設定で
複数メール横断をして反応顧客をラクラク抽出

配信リストには、柔軟に設定できる検索機能が付いています。
「開封数」「ユニーククリック数」を軸として検索設定することで、”今月内の配信のうち
5回以上開封した顧客”や”直近5回の配信のうち3回開封した顧客”などを抽出できます。

反応した顧客はもちろん、反応しなかった顧客も抽出ができるため、
メール内容の見直しの指標にも活用できます。

簡単かつ柔軟な検索設定
  • 抽出軸の設定

    反応顧客を抽出する軸となる「開封数」と「ユニーククリック数」を選択できます。
  • 対象メールの範囲設定

    顧客の反応を計測する対象メールの範囲を指定します。
    範囲指定は以下の2つのパターンで登録できます。

    ・期間指定 → カレンダーにて年月日の範囲を選択できます。
    ・直近回数 → 直近で行われたメールの回数を指定できます。
  • 顧客反応の設定

    対象メールの範囲内に行われた開封/クリックの回数の設定をできます。
    反応があった顧客はもちろん、「0回」と設定することで反応が無かった顧客も抽出できます。

反応顧客を抽出した後は、
一括操作で「顧客ステータス」を変更できる

メールへの反応により抽出された顧客リストは、「顧客ステータス」を活用して
フラグ付けを簡単に行えます。

営業担当に渡して即時フォローに活用したり、メール配信の継続などのフォローアクションの
振り分けの指標とすることができます。

一括操作で「顧客ステータス」を変更
見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」
ページトップへ