シナリオメール

見込み顧客の行動に即してフォロー方法を切り替えられる
「シナリオメール」機能

メール配信後の開封やクリックを基に、指定のステップメールプランに顧客レコードを自動で移動します。
メールへの反応毎にステップメールを出し分けることができます。

設定に膨大な時間をかけて複雑なシナリオを作っても、決して想定通りに顧客が動くとは限りません。
故に、何度もトライ&エラーを繰り返し、見込み顧客の興味を惹くシナリオを見つけ出す必要があります。

シナリオメール

メール送信時に、
開封/クリックによるアクションを設定

メール配信の設定時に、メールの開封/クリック後に移動するステップメールプランの設定を行う事ができます。

シナリオメール

※上記の内容はあくまでの設定例です。

  • メール開封時のアクション設定

    顧客がメールを開封したら、どのようにアクションを行うかを設定できます。

    左図設定例の場合、

    顧客ステータス『ウォームリード』の顧客が、
    メールを開封したら、
    ステップメールプラン『セミナー集客用フォロー』へ登録する


    という操作を瞬時に自動で行います。
  • 顧客がメールをクリックしたら、どのようにアクションを行うかを設定できます。

    左図設定例の場合、

    顧客ステータス『ホットリード』の顧客が、
    メール内のURLをクリックしたら、
    ステップメールプラン『見込み顧客フォロー』へ登録する


    という操作を瞬時に自動で行います。

さらに、
後続のシナリオを設定することも

ステップメールプランの設定内には、ステップメールの全ステップ配信後の動きを指定する事ができます。
通常の配信グループに戻す事も、異なる別のステップメールプランに登録することもできます。

複雑すぎるシナリオよりも、シンプルにトライ&エラーを繰り返す事を推奨しますが、
連続したシナリオの設定も可能です。

シナリオ
見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」
ページトップへ