メモリー配信

顧客ごとの
前回開封時間に合わせて
メールを自動配信!

メールマーケティングにおけるKPIのひとつである開封率を向上させるためには、
顧客が開封する「タイミング」を考慮する必要があります。
ただ、最適なタイミングを見つけるためには、顧客ごとの開封時間を把握するなど、
手間も時間もかかってしまいます。

配配メールでは、顧客の前回の開封時間に合わせて自動でメールを配信する
「メモリー配信」機能を活用することで、担当者の負担を軽くし、
効率的に「最適なタイミング」でメール配信を行うことができます。

手動とメモリー配信の違い

メモリー配信の仕組み

メモリー配信機能は直近のメールの開封時間帯を参考にしています。例えば、下記の図のように11時にメール配信を行った時、Aさんは12時、Bさんは15時に開封したとします。そうすると、次回の配信時にAさんには12時、Bさんには15時にメールが配信されるようになります。未開封のCさんに関しては、前回の開封時間データが存在しないため、全体配信にて設定した11時にメールが配信されます。

メモリー配信の仕組み

メモリー配信の設定/確認方法

メモリー配信機能を有効にする方法は配信設定画面で「メモリー配信を有効にする」にチェックを入れるだけです。メモリー配信が適用されているかどうかは配信メール一覧画面にて、顧客それぞれの配信時間は配信結果画面にて確認可能です。

配信設定画面

配信設定画面

配信メール一覧画面

配信メール一覧画面

配信結果画面

配信結果画面
見込み客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」

関連お役立ち情報

ページトップへ