トリガーメール

見込み顧客のページ来訪に即して自動アプローチができる
「トリガーメール」機能

メール配信をきっかけとして指定したWEBページに来訪した顧客へ自動でメールを配信できます。
来訪ページ毎に適した訴求を自動で配信することで、手間無く見込み顧客をフォローできます。
また、誰がページに来訪したかを通知できるので、営業担当からの即時フォローに活用頂けます。

設定は来訪を感知したいWEBページへ来訪タグを埋め込み、管理画面上のカンタンな設定を行うだけ。
複雑な設定を行う必要なく、短時間で利用できます。

トリガーメール

STEP1 来訪を検知する「来訪タグ」を発行して埋め込む

トリガーメールを動かすために、WEBサイトに来訪した顧客を検知するための
「来訪タグ」の設定を行います。設定は、管理画面から発行して、該当ページへ埋め込むだけ。

トリガーメール画面

※上記の内容は設定例です。

STEP2 管理画面でトリガー条件の設定

続いて、指定ページへの来訪をトリガーとして、どのようなアクションを行うかの設定を管理画面にて行います。
複雑な設定は一切なく、以下の画面のとおり「発動条件」と「アクション」を設定するだけ。
カンタンかつ短時間で設定を完了できます。

トリガーメール_トリガー設定画面
  • 発動条件の設定

    発動条件として利用したい「来訪タグ」を選択します。
    組み合わせ条件として「顧客ステータス」も活用できます。
  • アクション:顧客ステータス変更

    ページ来訪と同時に、「顧客ステータス」を変更できます。
    来訪ページに合わせた顧客の温度感へ変更することで、その後のフォローの優先度・対応内容の目安とできます。
  • アクション:メール配信

    ページ来訪をきっかけとして、

     ・ステップメール配信の開始
     ・トリガーメール(設定日数後に配信する単発メール)配信
     ・案件担当者への来訪通知メール

    の、3種類のメール配信の設定ができます。
    ステップメールでさらに詳しい情報を段階的に提供する、トリガーメールで顧客の行動を後押しする限定情報を伝える、通知メールで案件担当に速報して架電アプローチを行ってもらう。
    といった顧客フォローをおこなうことができます。
見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」
ページトップへ