お役立ちコラム

メール配信システムの平均費用はどのくらい?費用・相場の目安を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メール配信システムの平均費用はどのくらい?費用・相場の目安を解説

企業の営業メールやメールマガジンから、個人のアフィリエイトなどにいたるまで、現在ではさまざまな形でメール配信が行われています。ですが、大量のメール配信を手動で行うのは手間もかかり、誤送信などの人的ミスのリスクも高まります。そこで、需要が高まっているのがメール配信システムです。今回は導入や維持にかかる費用や相場についてご紹介します。

クラウド型とオンプレミス型で費用は異なる?その違いを理解しよう

クラウド型とオンプレミス型で費用は異なる?その違いを理解しよう

メール配信システムにもさまざまな種類のものがありますが、大きく分類するとクラウド型とオンプレミス型に分けられます。
それぞれ異なった特徴を持っており、初期費用や維持費用も異なります。

コストだけに焦点をあてるのではなく、に組織の規模や用途に合わせて選択する必要があるため、まずはその違いをご紹介します。

クラウド型メール配信システムとは?

ネットを通じて、外部事業者が提供するサーバー上でサービスの提供を受けるのがクラウド型です。基本的にプラットフォームが用意されていますので、短期間ですぐに導入できます。
自社でのサーバー購入やシステム構築の必要もありませんので、初期費用を抑えられます。さらに、サーバーの維持管理はすべてサービス提供企業が行います。そのため、サーバー維持管理にかかる稼働とコストを抑える事もでき、初期費用・継続費用の両面から大きくコストを抑える事が魅力のひとつです。
基本的にすべてのデータがオンライン上に保存されることになりますので、外出先からのアクセス・利用もできます。

低コストで気軽にはじめることができるため、小規模な組織や個人の場合、クラウド型システムが選ばれる傾向にあります。サービス提供企業も多く、サービスの選択肢が非常に多いこともクラウド型メール配信システムの特徴です。
デメリットとしては、カスタマイズが出来ない事と、個人情報を含む重要なデータを外部ストレージに保存することになるため、自社のセキュリティポリシー・スタンスの確認が必要となります。ただ、クラウドサービス提供企業も厳しいセキュリティ基準にてサービス運用を行っており、考えようによっては自社管理よりも安全ではあります。そのため、利用者側のリスクの捉え方によるところも大きいです。

オンプレミス型メール配信サービスとは?

組織内でサーバーを運用し、システムを構築するのがオンプレミス型です。自社で設備をすべて用意する必要があり、初期費用が高額になりがちです。そのため、ある程度の規模を持つ企業や組織でなければ導入は現実的ではありません。
初期費用のみでなく、サーバー運用や設備管理も必要なため、維持費や定期的な機器入れ替え導入のコストも考える必要があります。

ただし、カスタマイズの自由度も高く、自社内にSEやエンジニアがいれば、顧客管理システムとの連携や、独自の効果測定ツールを組み込むこともできます。そのため、すでに社内で大規模なシステムを組んでいる場合、さらに投資してオンプレミス型メール配信システムを導入するというケースが多いようです。

また、プライバシーポリシー上の理由から社外ストレージに顧客データを保存することができず、オンプレミス型を導入せざるを得ない場合もあります。大規模な組織でメール配信システムを導入する場合、この点も頭に入れておくべきです。

一斉配信とセグメント配信

メール配信の方法には、一斉配信とセグメント配信という分類があります。
一斉配信はその名の通り、同じ内容のメールを一斉に送信することに特化した配信方法です。メールマガジンや企業のメール送信、そして自治体の災害情報や、学校などの教育機関の情報伝達など、さまざまな形で利用されるタイプです。
それに対してセグメント配信は、送り先の情報を反映したメール配信が可能なタイプになります。相手に合わせたコンテンツのメールを配信することができるので、アフィリエイトやECサイトの営業メールなどに有効です。

これらの2種類の配信方法について、メール配信システムによっては、得手・不得手があります。
両方の要素を備えたサービスも増えていますが、システム選定の際には自社の求めるメール配信方法の確認と、システム側の機能についてよく確認しておきましょう。

メール配信システムにかかる費用の相場は?

メール配信システムにかかる費用の相場は?

メール配信システムの基本を押さえたら、導入や維持に掛かる費用が気になるところです。そこで、費用の相場をご紹介します。

メール配信システムの費用はどう計算する?

まずは、メール配信システムの費用をどのように計算するのかを解説しましょう。上記の通り、メール配信システムにはクラウド型とオンプレミス型の2種類があり、それぞれ費用への考え型が異なります。

まず、オンプレミス型にかかる費用は、システム導入のためのライセンス料、そして、サーバーの購入費やレンタル費も初期費用として必要となります。
一般的にオンプレミス型のシステムは買い切り契約となるケースが多いので、一度購入すれば、ランニングコストはかからないと考えられがちです。ですが、実際にはサーバー運用やアップデート、メンテナンスなどはすべて社内で行う必要があります。システムの規模によっては専門の部門を用意し、人員を割く必要があり、そのコストも計算すべきです。

クラウド型の場合、プラットフォームはすべてサービス提供側のものを利用するため、メールサーバーの購入やレンタルなどの必要はありません。
そこで、コストは契約時の初期費用(登録手数料など)と、月額料金のみとシンプルです。言うまでもなく、クラウド型の方が費用算出が簡単なだけでなく、初期投資、ランニングコストともに抑えることができることもあり、近年では主流となりつつあります。

では、クラウド型、オンプレミス型それぞれの費用の相場をご紹介します。

クラウド型メール配信システムの費用相場

クラウド型の場合、まず初期費用の相場は1~5万円程度です。小規模な組織や個人での利用の場合や、年間単位の長期契約の場合は無料のケースもあります。

月額費用はメールの配信数や、リストに登録するアドレスの数によって変動するケースがほとんどですが、その金額の階段も、サービスによって大きく異なります具体的には、一斉配信に特化している比較的費用が安いサービスの場合、月間配信数が3,000通ほどであれば2,000円前後、30,000通になれば15,000円前後が一般的です。システムによっては、配信数の上限を定めた上で定額料金となっているケースもあります。

対して、メール配信の高度なセグメント機能、効果測定機能、ステップメール機能、ABテスト機能などのメールマーケティング機能を搭載したタイプですと、機能が豊富になるぶんサポート支援も手厚く月額費用が高めになります。また、マーケティング活動に活用するため、より確実にメールを届ける事にフォーカスした強力なインフラを持っているサービスとなっており、費用が高めとなっている要因にもなっています。そのため、月間配信数が10,000通であれば10,000円前後、30,000通になれば、30,000円前後となってきます。

このようにマーケティングに特化した機能の有無、支援サービスの充実度、より強力なインフラ体制といった要素で低額系サービスと高額系サービスが分かれてきます。値段に差があるのにも理由があり、一概に安ければ良いというものでもありません。そのため、どのようなメール配信を行いたいのかによって選択するサービスも費用も大きく変わってくるということになります。価格から決めるのではなく、まずは自社の配信ニーズをしっかりと確認することが重要になります。

オンプレミス型メール配信システムの費用相場

オンプレミス型では上記の通り、初期費用が高額になりがちです。もっとも大きいのがシステムのライセンス料です。導入するシステムによって幅はありますが、150万円から500万円が相場です。さらに、サーバー料に10,000円前後が必要です。
サーバーレンタル料として月額2,000円から5,000円ほど、そして保守やセキュリティに毎月30,000円から50,000円ほどが必要となります。
システムをカスタマイズし、自社専用サーバーを購入すれば初期費用、維持費ともにさらに大きくなります。

まとめ

メール配信システムを導入することによって、よりウェブマーケティングの精度を高めつつ、業務の効率化を図ることができます。とはいえ、気になるのはやはり導入や運用にかかるコストです。選ぶシステムのタイプによっても、費用は大きく変わります。
今回ご紹介した相場をもとに、目的に合ったメール配信システムを選んでみてください。

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ