メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > メルマガ配信は古い?実際に効果を上げた事例と導入メリット

メルマガ配信は古い?実際に効果を上げた事例と導入メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ配信で売上を伸ばしましょう。メルマガは、約40年近く利用されてるマーケティングの手法です。「古い手法だから効果が薄い」といったことはありません。数字や事例から、まだまだメルマガの効果が売上アップに期待できることをご紹介します。

メルマガの効果は今でも健在

メルマガは昔から利用されているマーケティングの手法ですが、その効果は今でも期待できます。上手く活用できれば、利益を高めるのに高額な予算は必要ありません。実際にとあるファッション系のECサイトでは、配信しているメルマガを分析し施策を行ったところメルマガからの収益が約405%、サイト全体の収益が94%増加したようです。この事例をみてもわかるように、メルマガは今でも大きな効果が期待できます。
また、最近はSNSを利用した「情報収集」も多くの顧客に利用されていますが、実際に購入に至るケースが多いと言わるのはメルマガの方です。特に30代以上の層をターゲットとした場合、慣れ親しんだメルマガは有効的な手段といえるでしょう。
ただし、注意するのは、その活用法です。顧客リストへ一斉に同じ内容を配信していては、紹介した事例のように効果が改善できるとはいえません。ほとんどの顧客は、内容を読まずにゴミ箱や既読状態にしているでしょう。効果を高めるためにどうしたら良いのか考えられた結果、ナーチャリングメールという手法も誕生しました。これは自社の顧客を分析し、それぞれの興味・関心にあわせ最適な情報を届ける手法です。カーディーラーであれば、「車検の準備はお済みですか?」というメールを顧客の車検時期に合わせ配信することで自社への誘導を狙えます。このように見込み顧客を長期的にフォローして、適切なタイミングでアプローチすることで高い効果が期待できるでしょう。
ほかにも、誕生日や購入日など特定の期間を起点に配信するステップメールでは、顧客との信頼感を築きリピート率を高めます。購入品の関連商品や類似商品を紹介するメールはもちろん、高額な商品ならクーポンメールの配信で購入してもらえる確率を高められます。こうしてみていくと、「メルマガ」と一括りにしていても、ただ配信するだけの形から利益に繋げる手法が色々考えられいるのがわかると思います。より効果的に使うために次は、メルマガ特有のメリットについて確認していきましょう。

メルマガ特有のメリット

メルマガのメリットは大きく分けて3つ、顧客の利用率の高さとCV率の高さ、そして顧客との関係維持に役立つ点です。それぞれの特徴を解説していきます。

メリット1. 9割以上の人が企業からの情報をメールで受け取っている

企業やECサイトからのお知らせをユーザーがどのように受け取っているか、2014年にインターネット調査が行われています。その結果、FacebookやTwitterといったSNSよりもメルマガで情報を受け取っているユーザーの方が多いということがわかりました。SNSは商品やサービスを知らないユーザーへ向けて、認知を広めるのに役立っています。一方で、メルマガは「特定の顧客に向けてのアプローチ」をしている信頼性の高いツールとしてユーザーに利用されています。

メリット2. 購買に繋がる可能性が高い

2017年に、ある企業がメルマガのマーケティング効果に関する調査結果を公表しています。その調査では、1年以内にメルマガに掲載されたURLをクリックしたことのあるユーザーは約56%、商品購入をしたユーザーは約29%という結果になりました。この調査をパソコンで10本以上のメルマガを受信しているユーザーに限定すると、クリック率は約70%、購入率40%~50%とさらに増加します。この数字をみると、メルマガは商品やサービスを興味のありそうな顧客に勧めるマーケティング手法としてまだまだ有効な手段と考えられます。
特にセールや割引といったお得な情報や自分に関係のあるメールだと、開封率・クリック率・CV率が高くなる傾向があります。顧客ごとの情報に合わせ、効率的に運用する方法として配信ツールの導入も検討してみましょう。「○○様におすすめ」や「○○地域で選ぶなら」といった、顧客に合わせた内容をそれぞれのメルマガに入れる差し込み機能が利用できます。中にはクーポンメールを作成、配信できるツールも登場しているので、是非探してみてください。  

メリット3. リピーターとの関係維持に役立つ

メールマガジンを受信するようになったきっかけは顧客によって違います。商品を購入したら送られるようになった、キャンペーンに応募したら送られるようになったなど顧客の行動がきっかけでメルマガの配信が始まります。メルマガは顧客とのコミュニケーション手段となり、良好な関係を維持するのに役立つツールです。
それに、過去に接点があった顧客はお得な情報、魅力的な商品の情報を提示することでリピーターになる可能性が高いといえます。例えば、飲食店やアパレルショップでみられる次回以降に使えるクーポンの配布が良い例です。今すぐクーポンを使わなかったとしても、顧客は時間をおいて商品を見に来てくれます。メルマガは、業種を問わず誰でも簡単に始められるコミュニケーションツールとして今後も活躍していくでしょう。

改善に向けたメルマガの仕分け

メルマガの効果を高めるには、「書く→配信する→分析する」といった工程を繰り返し、より顧客のニーズに合わせた内容に改善していかなければなりません。分析のために開封率・クリック率・CV率がわかるようにして、効果の高いメルマガがどういった物かを導き出します。インターネット上には配信のタイミングやタイトルのコツなど、改善に向けたポイントを紹介するサイトも豊富です。まだ経験が浅く、分析した数字をどのように活かせばいいのかを悩む方はもっとシンプルに考えても良いでしょう。どのような施策があるのか、一例を紹介します。

売上を伸ばす施策例

ファッション系のECサイトを取り扱う企業の施策を紹介します。その企業では、「売上に繋がったメルマガ」と「売上に繋がらなかったメルマガ」を分けてそれぞれの特徴を確認していました。すると、テキストメールよりもHTMLメールのほうが効果は高い、商品とURLを羅列するよりも、商品説明を含むメルマガは効果が高いといった風に自社の顧客にあったメルマガの形を導き出しました。
例えば、スマホでメルマガを視聴する顧客が多い場合、メールの最後に商品リンクを設置するとクリック率が高くなるようです。スマホは上から下にスクロールして文章を読むので、顧客が読み終わるのと同時に商品リンクが目に入ります。上にスクロールしなおす手間が省け、スムーズに商品ページに飛ぶことができるので、クリック率向上に繋がったのでしょう。そうやって、自社の売上に繋がったメルマガの要素をまとめていくことで、メルマガからの収益が約405%増加、サイト全体の収益が94%増加という結果に繋がっています。もちろん、全ての企業がここまでの改善に繋がるとは言い切れません。ですが、自社のユーザー層の好むメルマガがどういった物か確認するためにも、こうした施策に挑戦してみてください。

顧客とのコミュニケーションに効果的な手法

SNSや動画メディアなど、マーケティング手法は多様化しています。その中で、昔から利用されるメルマガはまだまだ有効的な手段です。企業から情報を得る手段として利用されている、購買に繋がる可能性が高い、顧客と良好な関係を築けるといった特徴はマーケティングとして大きなメリットです。自社の顧客に向けた効果的な施策を考え、是非、試していきましょう。

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク