メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > メルマガの効果を嘆くにはまだ早い?効果が出ないときに簡単にチェックできる重要なポイント

メルマガの効果を嘆くにはまだ早い?効果が出ないときに簡単にチェックできる重要なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング効果の出ないメルマガには、必ず原因があります。今回は、メルマガの効果が低いときにチェックすべき改善点と、これからのメルマガに求められる要素についてご紹介します。

そもそもメルマガの効果とは何か?

高いマーケティング効果を見込めないことで、メルマガの配信を中止してしまうという企業も少なくありません。その原因を明らかにして改善することなく中止してしまっては、有効なマーケティング方法をひとつ失うことになります。中止する前に、今まで配信したメルマガを一度見直してみましょう。

メルマガを配信する目的

まずはメルマガを配信する目的について見直すことが必要です。目的があいまいな状態では、顧客への訴求やコンテンツの内容にブレが出やすくなり、マーケティング効果を下げてしまう恐れがあります。発行数を増やしたり、定期的に配信したりすることが目的になっていないか注意が必要です。これらはメルマガのマーケティング効果を高めるための手段であり、目的ではありません。メルマガの主な目的には、商品紹介による売上拡大と、企業の認知度を上げるブランディングが挙げられます。売上を目的にするのであれば商品が欲しくなるような期待感を高める文章にする、ブランディングが目的であれば顧客に親近感を抱いてもらえるコンテンツを重視するなど、目的にあわせたメルマガを作成することが重要です。

定量的な効果測定が必要

どちらかと言えば定性的な判断が求められる目的とは違い、効果は具体的な数値で判断することが重要です。メルマガの効果測定は、一つではありません。まず重要なのは、メールが顧客に届いたかどうかを示す配信成功率、メールがどれだけ開かれたか示す開封率の2つの項目です。次に、本文中のリンクがどれだけクリックされたかを示すクリック率や、売上や資料請求など設定した目標の達成率を示すコンバージョン率などがあります。これらの項目は、メール配信システムの測定機能やグーグルアナリティクスなどの測定ツールを利用することで測定できます。

メルマガの効果を高めるための主な改善点

もしもメルマガの効果が出ない場合には、以下の6点をチェックしてみましょう。ひとつでも当てはまった場合には、しっかりと改善することが大切です。

関連記事はこちら効果を上げるHTMLメールの作り方! - 押さえるべきポイントと、スマホ対応 -

ターゲットを再確認する

メルマガの効果を最大化するためには、顧客の興味や関心を高める内容のメールを作成する必要があります。例えば、プレゼントの当選に応募してきた顧客に対して、商品の購入を促すメールを配信したとしても購入する確率は低いといえます。メルマガの内容に興味を持ちそうな顧客に対して配信することが大切です。
メール配信システムのセグメント機能の使い方にも注意が必要です。この機能はある項目ごとに顧客のメールアドレスを割り振れるため、多くの企業はメルマガのターゲット分類の際に活用しています。ただし、年齢によって顧客の分類を行っていると、顧客によっては不快感を持つという場合もあります。セグメント機能の分類方法も、一度しっかりと確認することが大切です。

ターゲットのライフスタイルを把握する

顧客にメルマガを開封してもらうためには、顧客が開封できる時間帯に配信することが大切です。例えば、30代のサラリーマンを対象にメルマガを配信する場合には、昼間の時間帯よりも業務の終了した19時台に配信したほうが開封される確率が高くなります。主婦であれば、家事が一段落する14時頃が狙い目です。開封率を高めるためには、常に異なる時間帯に送信することが大切です。なお、早朝や真夜中の配信は顧客離れを加速させるため避けましょう。

件名や本文を工夫する

メルマガの開封率は、件名に大きく左右されます。顧客の興味を惹きつける情報を件名に入れ、メールを開封してもらえるように工夫しましょう。顧客がイメージしやすいように、数字や名称などの具体的な情報を加えることが大切です。
本文は、伝えたい情報だけを上手にまとめましょう。文章量の多いメルマガは、顧客に敬遠される傾向にあります。最も伝えたい情報を本文の先頭に書くと、顧客が開封してすぐに情報を手に入れられるメルマガになります。

メールの構成を確認する

メルマガの構成には、文章方式とHTML方式のふたつがあります。このうちHTML方式は画像を使用することができるため、顧客に分かりやすく情報を届けられます。なお、その場合にはHTML崩れがないかの表示確認を行ってから、メルマガの配信を行いましょう。HTMLメールが表示されない場合に備えて、表示されない場合にクリックするリンクを文章内に置いておくことで、クリック数を参考にして改善を図ることも可能です。
効果の高いメルマガの作成には、文章内に退会方法を明記することも大切です。退会方法が分からないために仕方なくメルマガを迷惑メール扱いにするという顧客も少なくありません。開封率の正確な計測にも影響が出るため、退会方法の明記は重要です。

誘導するWebサイトのリンクをチェックする

文章内にリンクを設定するのであれば、クリックされる位置に分かりやすくリンクを配置することが大切です。ボタンでリンクを設定している場合には、PCだけでなくスマートフォンでもクリックしやすいようにサイズを設定しましょう。
リンクを設定した後には、必ずリンクをクリックしてリンク先が合っているかどうかを確認することも大切です。また、メルマガ本文とリンク先のWebサイトの内容が異なっていないかどうかについても、忘れずに確認する必要があります。

メールアドレスを確認する

メールを送信できないアドレスを残す必要はありません。メール配信システムには、送信エラーの回数によってアドレスを除外したり、リストから削除したりできる機能が備わっている場合があります。そのような機能も上手に活用して、エラーアドレスの整理を定期的に行いましょう。

これからのメルマガに必要な要素

マーケティングの重要な手段であるメルマガ配信ですが、過去と現在では必要な要素も違っています。

かつてのメルマガ配信

かつてのインターネットの通信速度は遅く、Webページをひとつ開くだけでも多くの時間を要していました。そんな背景もあって、商品カタログのようなメルマガはWebサイトを訪れることなく、開封するだけで多くの商品を比較できるため一定の需要がありました。しかし、インターネットの通信速度が改善された現在では、そのようなメルマガの需要は減りつつあります。
スマートフォンの台頭も、需要低下に拍車をかけました。カタログのようなメルマガをスマートフォンの小さい画面で確認すると、画面全体に複数の商品画像が映し出されてしまいます。そのような見づらい画面でわざわざ商品を比較検討する顧客は少ないのです。

現代のメルマガ配信

現代のメルマガは、Webサイトへの誘導を目的として配信されています。そのためには、上述した6点のチェックポイントを踏まえたメルマガを作成することが大切です。多くの商品を紹介するようなことはせずに数を絞り、魅力的な本文を作成することで、短時間で顧客の興味や関心を刺激できます。また、商品カテゴリのページをリンク先に設定することで、顧客のWebサイトでの回遊率を高めることができます。くれぐれも小さい画像を配置して顧客に拡大する手間をかけさせたり、スクロールの必要な長い文章を書いたりすることは避けましょう。また、現在のメルマガ配信では、顧客のメールアドレス流出などの重大なリスクを避けるために、セキュリティ面の強化も必要です。担当者間のダブルチェックなど人力での確認のほか、システムの見直しも重要です。メールの改ざんや盗み見を防ぐことができる暗号化通信に対応しているなど、セキュリティ機能が優れたメール配信システムを導入しましょう。

効果の高いメルマガへの改善方法のまとめ

現在のメルマガには、多くの顧客をWebサイトに誘導する役割が求められています。そんな効果の高いメルマガを作成するためには、ターゲットと商品の整合性を考慮し、読まれるための工夫を施す必要があります。URLの配置からメールの構成、配信時間に至るまで、試行錯誤を繰り返しながら改善に取り組みましょう。件名や本文に関しては、紹介する商品を絞り、具体的な情報を加えて、できるだけ短い文章を作成することが大切です。
今回ご紹介した改善に取り組み、効果の高いメルマガを目指してみましょう。

関連記事はこちらメール配信システムを最大限に活用する!効果的な運用に向けたコツとは?

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク