お役立ちコラム

フリーメールとは何か?選ぶ時の注意点やおすすめのサービスも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーメールとは何か?選ぶ時の注意点やおすすめのサービスも紹介

無料で使えるフリーメールはプライベートにもビジネスにも重宝するメールアドレスですが、サービスの種類が多くセキュリティやメールボックスなどの容量もさまざまなので、適切に選ぶことが重要です。それぞれのサービスの特徴を把握し、使い勝手の良いフリーメールを見極めるようにしましょう。
今回はフリーメールを選ぶ時の注意点や、おすすめのサービスについてご紹介します。

フリーメールとは

フリーメールとは「導入コストが不要な無料のメールアドレス」のことです。企業などが運営するGmailやOutlook、Yahoo!メールなどのサービスに登録することにより利用可能で、なかにはさらに便利な機能が搭載された有料プランを契約できるサービスも少なくありません。

メールの利用形式はほかにも「キャリアメール」や「プロバイダメール」がありますが、これらは全て提供元が異なります。キャリアメールはドコモやau、Softbankなどのキャリア会社によるサービスで、プロバイダメールは自宅のインターネット回線とWWW(ワールドワイドウェブ)の間の通信を変換するためのプロバイダが提供しています。フリーメールとは異なり、所定の月額利用料金が発生するケースがほとんどです。

フリーメールの料金が無料である理由は、広告による収入や利用者の情報の収集によって運営が成り立つことにあります。とはいえ情報収集はビッグデータ解析などを目的としており、一般的な大手のフリーメールは安全性に最大限の工夫を凝らしています。セキュリティも充実しているため、情報漏えいなどを危惧する必要はありません。

フリーメールについてはこちらの記事もご覧ください。

関連記事はこちらメールサービスの種類と違いって何?メールサービスには欠かせないクラウドサービスについても解説

フリーメールを選ぶ時の注意点

ここでは、フリーメールを選ぶ際の注意点について解説します。

セキュリティ

日本国内でも浸透している大手企業のサービスはあらかじめセキュリティも万全に考え抜かれていますが、なかには安全性の低いサービスもあるため、どのサービスを利用するかは慎重に検討しましょう。
認証に対応していなかったり、運営元の知名度が低く収集したデータの利用目的が書かれていなかったりするサービスなどは、信頼性が低いため登録を控えることをおすすめします。

アプリがあるか

最近ではスマートフォンやタブレットなどからメールを編集したり送受信したりする機会も増えているため、アプリが用意されているサービスを選ぶと便利です。専用アプリではメールの作成やフォルダごとの振り分けなどがスムーズにできるので、パソコン以外の端末からメールを扱う機会が多い方は重宝するはずです。
アプリがあるかどうかを確認したうえで、各サービスの特徴も踏まえて利用するサービスを決めると良いでしょう。

メールボックスの容量

自由に使えるメールボックスの容量は、サービスによって異なります。一般的には有料で使えるサービスに比べると提供される容量は少なめのケースが多いため、サイズの大きい画像などを頻繁に送受信する方は注意が必要です。
最近では10GB以上の容量が確保されているサービスもあるため、登録前にチェックしておくと自分に合ったサービスを選びやすくなるでしょう。

ドメイン名

フリーメールのドメイン名は、基本的にサービスごとに定められています。例えばGmailであれば「@gmail.com」であり、Yahoo!メールなら「@yahoo.co.jp」となります。この部分はメールアドレスの住所を表しており、「Gmailに所属するアドレス」「Yahoo!メールに所属するアドレス」などの意味を含んでいるため、希望の名称に変更することはできません。ドメイン名より前半の部分(ローカル)は、ユーザーが自由に決められます。

もしドメイン名を自由に設定したいのであれば、「独自ドメイン」を取得する必要があります。独自ドメインでは自分だけの独自の名称を設定できますが、初期登録費用と月額利用料がかかるため、コストを抑えたい場合にはあまり向いていないといえるでしょう。加えて、希望の名前がすでに登録済みの場合はたとえ有料であっても利用できません。

無料で作れるおすすめのフリーメールアドレス

無料で作れるおすすめのフリーメールアドレス

ここでは、おすすめのサービスを4種類ご紹介します。

Gmail

Gmailは検索エンジンで世界的に有名なGoogleが運営しており、セキュリティ対策も万全です。
容量も15GBと十分に提供されるので、比較的データサイズの大きなメールを扱う機会が多い場合でも安心して使えるでしょう。プライベートだけでなく、仕事に活用されるケースも数多く見られます。

登録には「Googleアカウント」を開設する必要があるため、事前に準備しておくと良いでしょう。有料プランの「Google Workspace(月額680円~)」も用意されており、契約すると容量制限が解除されて無制限になります。

ただし、あらかじめ用意されている15GBは「Googleドライブ」「Googleフォト」と共用なので、これらのサービスを日頃から多用する方は注意が必要です。
Gmail以外ですでに保存済みの容量が多いと、想定しているより容量の上限を迎えるのが早い可能性もあります。

Gmail

Yahoo!メール

Yahoo!メールは、ヤフー株式会社が運営しているサービスです。日本国内で人気のポータルサイトである「Yahoo! JAPAN」内のサービスでもあるため、馴染みのある方も多いサービスといえます。長年にわたって蓄積してきたノウハウを駆使してインターフェースを最適化しており、操作感の良さが評価されています。

メールボックスの初期容量は2GBですが、無料使用の範囲内で最大10GBまでは増量できます。写真を大量に扱うなどの目的でなければ、十分便利に活用できる容量でしょう。
なおYahoo! BB、Yahoo! プレミアム、セキュリティーパックのいずれかに加入している場合は無制限に増量されるため、容量の心配をする必要はありません。

Yahoo! メールでは6ヶ月間以上利用履歴がないアカウントはサービスが自動的に終了し、これまで送受信したメールや添付ファイル、詳細設定などが削除されてしまいます。長期間使わない可能性がある場合は注意が必要です。

Yahoo! メール

Outlookメール

Outlookはマイクロソフト社が運営しているサービスです。過去には「Hotmail」というサービス名称でしたが、2013年にOutlookが後継サービスとして提供開始となりました。
基本的に無料で利用できますが、無料版の場合は広告が差し込まれます。BtoBやBtoCではWordやExcelなどのOfficeを使う機会も多いため、「Office Personal」や「Office Home & Business」などの有料版を購入してメインのメールソフトにするのも便利です。

Outlookメール

AOLメール

AOLメールはアメリカのOath Inc.が提供しており、日本ではOath Japan株式会社が運営しています。一般的なフリーメールには容量制限が設けられているケースがほとんどですが、AOLメールには制限がありません。

しかし一度に送受信できる添付ファイルサイズは16MBまでと定められているため、サイズが大きめのデータなどを頻繁にやり取りする方であれば不便に感じることもあるかもしれません。

さらに日本国内にはサポートチームがなく、トラブルが起きても電話で問い合わせられない点には注意が必要です。GmailやYahoo! メールなどに比べると比較的小規模なサービスなので、トラブル発生時の対応には時間がかかりやすいといえるでしょう。

AOLメール

メールサービスについてはこちらの記事もご覧ください。

関連記事はこちら無料でHTMLメールを作れる?メルマガ配信に使える無料ツールとテンプレートをご紹介

関連記事はこちらGmail容量上限は25MB!?ファイルを送れない時の具体的対処法

まとめ

まとめ

今回はフリーメールを選ぶ時の注意点や、4つのおすすめのサービスについてご紹介しました。フリーメールは無料で使えるためコスト削減にもつながり魅力的ですが、用意されている容量の上限などに注目して、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

とくに、個人情報を守るためにもセキュリティ対策が整っているかどうかは事前に確認しましょう。GmailやYahoo! メールなどの大手のサービスであれば長年の運営のノウハウもあるため、使い勝手も良く安全性が高いといえます。

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~18:00 (土日祝日除く)

ページトップへ