メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > SSL(暗号化通信)を利用したメールとは?気になるセキュリティ強化の仕組みや必要性を徹底解説

SSL(暗号化通信)を利用したメールとは?気になるセキュリティ強化の仕組みや必要性を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールでのやり取りは、何も対策をしていないと盗聴される危険性があります。そのため、仕事などでメールをよく活用する方は大切な情報を守るために、メールのセキュリティの強化ができるSSL(暗号化通信)を使ったメール暗号化の必要性や導入方法を知っておきましょう。

大切なやり取りを守るSSL

SSLとはインターネット上の情報を暗号化して、第三者から「盗聴」、「盗み見」されないようにするための技術です。ネットワーク上の通信データを暗号化するため、お客様の大切な情報や会社の重要な情報を、外部の手から守ることができます。また、このSSLはメールにも設定することができます。普段仕事やプライベートなどでも利用することが多いメールも、常に悪意ある第三者からの盗聴や盗み見に注意をしなければいけません。SSLを設定してメールを暗号化することで、安全にメールを送受信することができるようになります。

SSLを利用したメールの必要性

最近はインターネットが普及したことによって、インターネット上で個人情報やクレジットカード情報を入力する機会が増えてきました。それに伴い、ネットワークやサイト上のセキュリティは強化され、webサイトではSSLによって情報を暗号化して保護する状態が常識となっています。しかし、メールの場合は送り主や宛先をしっかりと指定して送るため、安心できるツールという印象が強く、メールに対してセキュリティ対策を行っていない方が多いです。そこで、今回はメールにもSSLを用いたセキュリティ対策が必要な理由と暗号化していないメールが抱えるリスクをご紹介します。

SSLがメールに必要な理由

ビジネスに必須の電子メールは、基本的にネット上で盗聴や盗み見ることができる平文(暗号化されていない文章)で通信されています。そのため、第三者が故意的にメールの内容を改ざんしたり、情報を盗んだりすることができます。このような第三者によって発生する電子メールの被害を防ぐために必要なことが、SSLを活用したデータの暗号化です。インターネットの普及が広がっている現在は、web上で様々なやり取りを行うことが多くなったため、安心してやり取りを行うためにSSL実装の重要度が高まっています。

暗号化していないメールが抱えるリスク

暗号化していないメールは、悪意ある第三者から盗聴されたり、盗み見られたりすると先述しましたが、実際に盗聴や盗み見されることで、どのような被害が発生するのかもう少し詳しくご説明します。

【盗聴による個人情報の悪用】

メールの内容を第三者に盗聴された際に考えられるのは、個人情報の悪用です。お客様との重要なやり取りを行う際に個人情報を渡したり、聴取したりする場面はあると思います。その際に第三者が盗聴をしていると、個人情報や機密情報が漏れてしまい、悪用される可能性があります。

【なりすまし】

メールの暗号化対策をしていない場合、なりすましを利用したフィッシング詐欺やウイルス感染、スパムメールなどの被害に遭う可能性があります。リスクを軽減するためにも、メールのセキュリティ対策はしっかり行いましょう。

【メール内容の改ざん】

メールのセキュリティ対策が行われていない平文の状態だと、第三者がメールの内容に手を加えて改ざんする可能性もあります。顧客とのやり取りを改ざんされてしまうと、上手くいっていた取引がセキュリティ上ダメになったり顧客からの信頼を失ったりする可能性があります。

SSLをメールに導入する前に仕組みを知ろう

上記のメールのやり取りに伴うリスクを考えて、SSLを導入しようと考えた方は多いでしょう。しかし、どのような仕組みでメールの暗号化が行われるのか理解していないと、しっかりとしたセキュリティ対策はできません。こちらでは「メールの基本的なシステム」と「SSLを導入して暗号化する仕組み」についてご説明します。SSLについてよく分からないという方は確認しておきましょう。

メールの基本的なシステム

電子メールの送受信には一般的に「SMTPとPOP」というものが使われます。メールソフトからメールサーバーへ繋ぐ際に使用するこの「SMTPとPOP」がどのようなものなのか、下記でご説明します。

【SMTP】

電子メールを送信する時のやり取りで使用されるプロトコルのことです。送信者が作成したメールをパソコンからメールサーバーへ送信し、また宛先のメールサーバーまで転送する時に使われます。

【POP】

電子メールを受信する時のやり取りで使用されるプロトコルのことです。メールサーバー内のメールボックスからメールを取り出して受信をする際に使われます。

メール設定で最初につまずく「SMTP」「POP」「IMAP」。その意味&設定方法は?
引用元:メール設定で最初につまずく「SMTP」「POP」「IMAP」。その意味&設定方法は?|TIME&SPACE by KDDI

SSLを導入して暗号化する仕組み

上記で説明したSMTPとPOPの通信は、通常の設定では暗号化されていないため、第三者によるメールの盗聴などの被害が発生する部分となっています。その対策を行うために、SSLを導入してメールを暗号化します。このメールの暗号化を行う時に、メール受信時のメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「POP over SSL」と言います。また、メール送信時にメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「SMTP over SSL」と言い、このPOP over SSLとSMTP over SSLでメールの暗号化を行うことで、メールのセキュリティを高めることができます。しかし、送信者側がSMTP over SSLの設定を行っていても、受信者側がPOP over SSLの設定をしていない場合は、受信時のメールサーバーとメールソフトの間が暗号化されなくなるため気をつけておきましょう。

メールにSSLを導入する方法

メールの仕組みやSSLを導入して暗号化する仕組みが分かったら、次はメールにSSLを導入する方法を3つご紹介します。

1.SSL対応されたメール配信システムの利用(一般向け)

まずご紹介するのは、「SSL対応されたメール配信システム」の利用です。近年はメールを暗号化する対策についての関心が深まり、メール配信システムに暗号化メール対応機能が備わっている物が増えています。例えば、メール配信システムの「配配メール」には「STARTTLSオプション」というメールを送信時に暗号化するシステムが搭載されており、第三者がメールを盗聴したり覗き見したりできないようにセキュリティ対策が施されています。

2. SSL導入済みのレンタルサーバーをメールサーバーとして利用(中級者向け)

既にSSLが導入されているレンタルサーバーを活用してメールを暗号化する方法です。独自SSLを無料で使用できるレンタルサーバーもありますが、機能はサービスによって様々なので自社の環境に合うレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。また、SSLをメールに設定する方法はサーバーやメールソフトの種類によって変わる可能性があるのでホームページやマニュアルを確認しながら作業しましょう。

3.SSLサーバー証明書をメールサーバーへインストール(上級者向け)

最後にご紹介するのはメールサーバーにSSLサーバー証明書を導入する方法です。サーバー証明書を取得するためには、必要な書類の用意や企業実在の審査・確認があるため、上級者向きの方法です。申請後SSLサーバー証明書が発行されたらメールサーバーへインストールし、各種メールソフトの設定方法に沿ってメールの暗号化を行います。メールをSSL化する方法は、上記でご説明した3つの方法があります。その3つの中でも一般的で安全かつ手軽にメールのSSL化が行えるのが「SSL対応されたメール配信システム」です。SSLに関してそこまで詳しくないけれど、メールのセキュリティ対策のためにSSLを導入したいという方は、メール配信サービスの導入を検討してみてください。

SSLでメールのセキュリティを強化しよう

仕事で欠かせないメールを利用して、重要なやり取りを行う場面はこれからも増え続けるでしょう。しかし、インターネット上でSSLを活用したセキュリティ対策はしっかりと行っているのに、メールのSSL設定を行っていないという方は意外と多いのではないでしょうか。メルマガを配信しようと考えている方や、メールで重要なやり取りをよく行う方は、大切な情報を第三者に盗聴されないように、今回ご紹介したメールSSLに関する内容をしっかりと押さえて対策しましょう。

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

コラム

2018年8月31日
HTMLメールはスパムじゃない!?HTMLメールの危険性と正しい認識について
2018年8月30日
テキストメールとHTMLメールの違いとは?目的に応じて使いわけるコツ
2018年8月30日
メールは件名がポイント!確実に開封&返信してもらえるコツとは?
2018年8月29日
メール署名テンプレート集!署名の設定方法と注意点とは
2018年8月29日
SSL(暗号化通信)を利用したメールとは?気になるセキュリティ強化の仕組みや必要性を徹底解説
2018年8月27日
今すぐセキュリティをチェック!メール添付ファイルを保護する方法
2018年8月27日
ビジネスメールの注意点とは?すぐに使えるテンプレートを活用しよう
2018年8月27日
ビジネスマナーに役立つ担当変更メールの書き方と例文の紹介
2018年8月24日
メール追客を成功させる2つのコツと実践で使えるメールテクニック
2018年8月24日
【メール販促初心者必見】メルマガ配信を成功させる3つのポイント
2018年7月31日
メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介
2018年7月31日
定型文で簡単にできる!シチュエーション別ビジネスメールの基本
2018年7月31日
表現の仕方で変わる!ビジネスに役立つ感謝メールの基本
2018年7月30日
迷惑メールをブロック!リスト分けなど今すぐできる対処方法をご紹介
2018年7月30日
メルマガ担当者必見!オプトインメールの取得と配信方法

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク