メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > メルマガとは?10分でメルマガを説明できるようになる基礎講座

メルマガとは?10分でメルマガを説明できるようになる基礎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとは?10分でメルマガを説明できるようになる基礎講座

メルマガ=メールマガジンの略、ということはだれでも知っています。しかし「メールマガジンとは」と聞かれたら自信を持って説明できる人は少ないでしょう。このページでは今さら聞けないメルマガの基礎知識、メリットや配信方法など詳しく説明しています。

メルマガの基礎知識

まだ立ち上げ間もない企業のみなさんは、これから顧客との関係を築いていくためにメルマガの配信を考えていることと思います。しかし、「メールマーケティングと言えば昔からメルマガ」と漠然と考えていたものの、実際は効果がよくわからないという人は意外と多いのではないでしょうか。今回はメルマガの基礎を改めておさらいします。配信するメリットや配信方法を今一度確認し、よく理解してメルマガを取り入れましょう。

そもそもメルマガとは

メルマガとはメールマガジンの略で、企業やWebサイトの運営者などから複数の購読希望者に対して一斉に配信されるメールのこと。
「そのくらいは知っている」という声が聞こえてきそうですので、さらに詳しく定義してみましょう。
メールマーケティングでは、メルマガ以外にもステップメールというものがあります。ステップメールはユーザーの商品購入などのアクションをきっかけとして、あらかじめ用意していたメールを決まったタイミングと期間で複数配信するもの ですが、メルマガは読者が自ら購読を希望して登録するものです。つまり、「その人がどこのだれで、どんな商品やサービスに興味があるかはわからない状態でも送ることができる」ということが特徴です。あくまでも企業側が主体であり、ユーザーの行動によって内容が左右されないものがメルマガです。

配信する目的

メールソフトのアイコンを見てわかる通り、メールは現代の手紙。つまりSNSのように世界中に発信しているわけではなく、たとえ一斉送信であっても個人のポストに直接届くのがメールの強みです。ですから、使い道に決まりはなく非常に柔軟性のあるマーケティングツールだと言えるでしょう。

一般的なメルマガの配信目的は大きく分けて3つあります。
1.販売促進・・・キャンペーンなどの告知
2.教育や啓蒙・・・知識やノウハウの提供
3.ファンの育成・・・利用継続の促進

メルマガを配信することで得られるメリット

コストが抑えられる

顧客との関係を築くうえで、ダイレクトメール(DM)もよく利用されます。しかし、DMはハガキを使いますので、ハガキ代、印刷代、郵送代、手書きの一文を添えるための人件費などを考えるとコストがかかります。一方メルマガは電子メールなので物理的なコストはかかりませんし、一度に大量に送信すればするほど1件あたりの経費も安く済みます。

プッシュ型販促で即効性がある

マーケティングの方法にはプル型とプッシュ型というものがあります。プル型はPull(引く)という意味の通り、必要な情報をユーザー自ら能動的に引っ張るよう仕向けるプロモーション方法です。簡単に言うと、「うちの会社はこんなサービスをやっています」と看板を出している状況です。ユーザーが良さそうだと思えば問い合わせが来るでしょう。逆にプッシュ型はPush(押す)の意味なので、企業側からユーザーに「よければこんな商品がありますがどうですか?」とアピールしにいく訪問販売のようなものです。
プル型とプッシュ型はどちらが優れているということはなく、両方を組み合わせることでユーザーのアクションを引き出せます。プル型は低コストだが長期戦、プッシュ型はコストがかかるが即効性がある、というのがよく言われますが、メルマガはプッシュ型でありながらコストがあまりかからない、という特殊なマーケティングツールです。

知っておくべきメルマガの形式と内容

メルマガの形式を確認しよう

メルマガには2種類の形式があります。
1つは文字のみで構成されているテキスト形式です。ビジュアル的な訴求はできませんので、見た目の可愛さやかっこよさが売りのものをすすめたい場合には避けた方がよいでしょう。しかし、専門的な知識やツールがいらないので、記号で段落分けをしたり飾り文字などを使って工夫すればだれでもシンプルで読みやすいメルマガを作ることができます。
もう1つがHTML形式です。画像を入れた様々なレイアウトが可能なので、パッと見て目を引くメルマガが作りやすいです。テキスト形式ではできない開封率の計測もできますので、結果次第で次のアプローチを考えるのに役立ちます。ただし、受信する側の環境によってはメールを受け取れなかったり、画像が表されなかったりすることもあるので注意が必要です。

メルマガの内容を考えよう

先ほどメルマガを配信する目的を説明しましたが、その目的に沿ってコンテンツを考えることが最も大切です。目的と内容にズレが生じると、読んでいる側は「なにを伝えたいのだろう…」と混乱してしまいます。一般的なメルマガで定番のコンテンツを参考にして考えてみましょう。

【販売促進目的】

イベントやキャンペーンの情報、告知、成功事例の紹介。

【教育・啓蒙目的】

コラム、読み物。

【ファンの育成目的】

購入商品のアフターフォロー、関連商品・サービスの紹介、アンケート。

4つの配信方法

メルマガの規模で配信方法を選ぼう

メールは私信でしか使ったことがないという人は、メルマガをいざ配信しようと思うと、どうやって大量のメールを一斉に送るのかわからないと思います。ここではメルマガを配信する4つの方法をご紹介します。

1.ExcelとOutlookを使う
2.GoogleスプレッドシートとGoogleドキュメントを使う
3.BCC配信を使う
4.メール配信サービスを使う

1.2番の配信方法はネット上で情報を拾うことができますが、どちらも多少の手間と知識が必要です。3番は手軽ですが、間違えてメールアドレスをCCに入れてしまうなどの人為的なミスが起こると個人情報の漏えいに繋がる恐れがあるので、多数に向けての配信はおすすめしません。
以上のことから、企業のメルマガであればメール配信サービスを利用するのが最も安全・確実で手間もかからないと言えます。メルマガは送って終わりではなく、読者の反応に合わせて工夫を凝らさなければ徐々に読んでもらえなくなります。メール配信サービスでは、メルマガだけでなくステップメールの配信や開封率の測定、リンクのクリック数のカウントなど充実した機能が備わっていますので、長期的なメルマガ運営には必要不可欠なものになります。

メルマガが廃れないのには理由がある

「メルマガとはなにか」基礎知識をおさらいしてきましたが、改めてメルマガの目的やメリットを知ると意外と知らないことがあると感じた方もいると思います。インターネットが普及し始めたころから使われている最も基本的な告知方法ですが、「シンプルイズベスト」という言葉がある通り、基本のスタイルはずっと廃れることがありません。
欲しい情報を個人宛に届けてくれるツールというのはありそうでなかなかないものです。他のメールマーケティングの手法と組み合わせることでもファンも獲得しやすくなるので、まずは柱となるメルマガ配信から始めてみてはいかがでしょうか。  ステップメールではなく、トリガーメールの説明になっています。構成のご確認をお願いします。

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク