お役立ちコラム

法人・企業向けメールサービスの特徴とは?選び方も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
法人・企業向けメールサービスの特徴とは?選び方も解説

法人や企業では大量のメールを送信するシーンも多くなります。特に近年ではメールを活用したマーケティングも盛んとなっているため、その配信の重要性も高まりつつあります。配信業務の負担の大きさや、精度が課題となっている企業も多いでしょう。そのような課題を解決してくれるのがメールサービスです。今回は法人・企業向けメールサービスの特徴や選び方をご紹介します。

メールサービスにはどんな種類がある?

メールサービスにはどんな種類がある?

現代では誰もがスマホやPCなど個人用端末を持ち、当たり前にメールが利用されるようになりました。ビジネスシーンにおいてはチャットツールやSNSなど、新たな連絡手段・コミュニケーション手段が注目されるようになりましたが、依然としてメールの利用頻度は高いままです。
そこで、メールサービスの利用を検討している方も多いはずです。まずはその種類を整理しましょう。

フリーメール

その名の通り、無料でアカウントを作成できるのがフリーメールです。個人での利用の場合、フリーメールが選ばれるケースが多いでしょう。
複数のアカウントを作れるサービスも多いので、用途に応じて使い分けることも可能です。登録に個人情報が必要ないものもあり、気軽に使えるアカウントにもなります。
その反面、誰でも簡単に複数アカウントを取得できるため、信用面では他のメールサービスに比べて大きく劣ります。誰でも簡単にアカウントを取得できるということは、迷惑メール配信業者のように悪意のある利用者でもアカウントを開設できてしまいます。そのため、キャリアメールのアドレスに送信すると高確率でブロックされてしまうなどの弊害も出てきます。こういった背景から、フリーメールサービスはビジネスシーンなど、信用が重要となる場面での利用には向いていません。
ただ、中にはGmailのように有料化をすることで独自ドメインの発行が可能となるサービスもあります。無償ではなくなってしまいますが、使いやすさはそのままに、ビジネスなどの信用が重要となる場面でも問題無く活用ができるようになります。

プロバイダメール

ネット契約を結んだ際にプロバイダから提供されるアカウントで利用するのが、プロバイダメールです。プロバイダによって身元が証明されたアカウントですので、信用が必要となる取引で使用するアカウントとしても有効です。
ただし、一度設定すると簡単に変更することができないため、利用には慎重になるべきです。
また、あくまでプロバイダとの契約を継続しなければ使用できません。そのため、定期的にプロバイダの見直しを行っている場合、長期的に利用できない可能性があります。
セキュリティはプロバイダで管理されており、フリーメールより信頼度は高いです。

独自ドメインのメール

自由に@以降のメールアドレスを設定できるのものが独自ドメインです。この独自ドメインのアドレスから送られるメールのことを指します。フリーメールやプロバイダメールの場合、@以降がサービス名やプロバイダ名で固定されているケースがほとんどで、自由に設定ができません。対して、独自ドメインを取得する場合、すでに使われている文字列でなければ自由に設定できます。企業では、自社名などをいれた独自ドメインのアドレスを使用しているケースが多いです。

ただし、独自ドメインの取得・維持には3,000円~10,000円/年ほどのお金がかかります。信用はタダでは手に入らないのです。

法人・企業向けメールサービスの特徴は?選び方は?

法人・企業向けメールサービスの特徴は?選び方は?

メールの種類についてご紹介しましたので、ここでは法人や企業向けメールサービスの特徴や選び方をご紹介します。
個人向けメールサービスとの違いを頭に入れた上で、選ぶことが大切です。

法人・企業向けメールサービスの特徴とは?

個人向けのメールサービスとの最大の違いはドメインの信用度です。
信用が重要なビジネスでの利用を想定するのであれば、ブロックされてしまう恐れのあるドメイン固定のフリーメールサービスの利用は避けるべきと言えます。企業名称を含めた独自ドメインを活用できるメールサービスが望ましくあります。
因みに、プロバイダメールはドメインの信用こそ高くはありますが、プロバイダ契約と結びついていますので、何かの事情でプロバイダを乗り換える際などにドメインの変更を余儀なくされるリスクがあります。そのため、社内外の多くの方との継続的なコミュニケーションを行う必要のあるビジネスシーンでの利用には不向きであると言えます。
続いて、セキュリティの強さも重要なポイントになります。メールには個人情報をはじめとした重要なデータが多く含まれています。企業や法人の場合、個人利用よりもさらにセキュリティについては考えなければなりません。外部からの不正アクセス対策はもちろんのこと、誤送信防止、ウイルス対策、さらに添付ファイルの暗号化などさまざまなセキュリティ機能が盛り込まれています。

最後のポイントはサポート体制です。システムは一度導入したら終わりというわけではありません。継続して運用していく必要があります。
ビジネス上の重要な連絡もメールで行われますので、システムトラブルなどによって正しく送受信できなくなると業務が滞るでしょう。法人・企業向けメールサービスの場合、万全なサポート体制が敷かれているため、安心して使用し続けることができます。

もちろん、サービスによって機能は異なりますが、法人・企業向けのメールサービスとしては、最低限でもこれらのポイントが押さえられているものを選ぶべきです。

オンプレミス型とクラウド型の違いを理解しよう

法人や企業向けのメールサービスには、オンプレミス型とクラウド型の2つのタイプがあります。選定のために、それぞれの違いを理解しておきましょう。

まず、オンプレミス型はサーバーを用意し、システムをインストール・構築するタイプのものです。当然、サーバーの維持・管理などもすべて自社で行う必要があります。
システムの構築、維持にも時間やコストがかかりますが、組織や業務形態に合わせて自由にカスタマイズが可能です。さらに、顧客管理システムなどとの連動もできます。
データは社内サーバー管理となるため、自社内での管理が徹底できる体制が整備された企業や、セキュリティポリシーにて、顧客情報は自社管理が望ましいとしている企業にとって、適したサービス形態と言えます。

対して、クラウド型は、サービス提供事業者が用意したプラットフォーム上で利用するメールサービスです。すでにシステムが用意されているため、初期費用や、準備期間はあまり必要ありません。すべてネット経由で利用でき、あらゆる端末でアクセスできるのもメリットです。オンプレミスのように自社管理を維持できる人的リソースが確保しづらい、小規模企業に広く利用されています。

カスタマイズ性については、提供事業者側のサービスに依存する形になるため、オンプレミス型には劣ります。また、セキュリティは各サービスとも、非常に高度なセキュリティ基準に基づいてサービス提供をしているとはいえ、自外部のストレージにデータを保存する形になるため、セキュリティポリシー的に許容できない企業もあります。
ただし、上述したとおり、セキュリティリスクの対策はどのサービスも非常に充実してきている背景がありますので、今日では、非常にセキュリティ意識が高い金融機関をはじめ規模問わず企業や法人でクラウド型サービスを利用するケースも多くなってきています。

それぞれにメリット・デメリットの両方がありますので、組織の規模や業務のスタイル、コストなどの面まで考えて選定してください。

法人・企業向けメールサービス選びのポイントは?

最後に、法人・企業向けメールサービス選定のポイントをご紹介します。
まず、必要な機能が備えられているのかを確認します。オンプレミス型であれば、自由にカスタマイズできますが、クラウド型の場合、提供されている機能のみしか利用できません。そのため、業務上必要な機能・要件をまとめ、すべてを備えているものを絞り込み、選定します。
続いて、セキュリティです。法人・企業のメールは重要なデータの宝庫です。外部からの不正アクセス防止はもちろんのこと、ウイルスや誤送信などの人的ミスの防止ができるかどうか、二段階認証や、IPアドレスロックといった機能があるかどうかもチェックします。

法人や企業向けのメールサービスは個人向けのものよりも、より多くのチェックポイントがあります。うまくポイントを活かしながら選定すれば、自社に合ったメールサービスが見つかるはずです。

まとめ

メールは現代のビジネスには欠かすことができないツールです。そのため、メールサービス選びは非常に重要となります。今回は、中でも法人・企業向けのメールサービスの特徴や、選び方のポイントをご紹介しました。メールサービス選びひとつで、業務効率を高め、セキュリティ上のリスクを軽減することも可能です。
現在の社内の環境や、利用目的などまで踏まえて、ベストなサービスを選んでください。

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ