お役立ちコラム

Gmailが迷惑メールと判定する理由とは?それぞれの対処法もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Gmailが迷惑メールと判定する理由とは?それぞれの対処法もご紹介!

仕事でもプライベートでも、Gmailを常用しているという方は多いのではないでしょうか。たしかにGmailは非常に便利ですが、利用していて困ることのひとつに、「知らないうちに大事なメールが迷惑メールとして振り分けられていた」という経験をされた方も多いかもしれません。では、Gmailはどのようにして迷惑メールだと判断しているのでしょうか。今回は、Gmailが迷惑メールであると判断する理由と、その対策をご紹介します。大事なメールを見逃さないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

Gmailの迷惑メールフォルダの仕組み

迷惑メールだと判断されることの危険性を確認するために、まずは迷惑メールだと判断されたメールがどうなるのかをご紹介します。Gmailによって迷惑メールだと判断されると、受信フォルダではなく迷惑メールフォルダに入れられます。受信ボックスと違って普段から迷惑メールフォルダをチェックしているという方は少ないので、大事なメールも気づかないままになってしまう可能性があります。またそのまま30日が経過すると、メールは自動削除されてしまう点にも注意が必要です。
このような事態にならないためには、初めから迷惑メールフォルダに入れられないように対策しておくことが重要です。そこで次に、Gmailが迷惑メールだと判断するポイントと、その対策をご紹介します。

Gmailが迷惑メールを判断するポイント

Gmailが迷惑メールを判断するポイント

Gmailはユーザーを守るために、複数のポイントで迷惑メールかどうかを判断しています。思いがけずこの判断に引っかかってしまわないために、それぞれのポイントを把握しておきましょう。

既存のメールアドレスと酷似したメールアドレス

既存のメールアドレスと近い文字列のメールアドレスから送信されたメールは、迷惑メールとして判断される可能性が高いです。これは、詐欺グループなどが有名な企業になりすましてメールを送信している事例などを鑑みて、その被害からユーザーを守るためという理由があります。最近はこのような「なりすましメール」も巧妙になっており、一見しただけでは偽物だと気づけないようなメールアドレスから送信されてくることもあります。有名企業のドメインを一部書き換えてあるものや、記号を追加しているものなどには特に注意しましょう。このような迷惑メールフォルダに振り分けられたメールは、たとえ馴染みのある企業からのものでも気軽に開かないようにしましょう。

別のサーバー経由で送られているメール

これもなりすまし対策として機能しているシステムです。詐欺グループなどが世間で信頼と信用のある企業のドメインを利用して、迷惑メールを送信していることがあります。しかし、送信者のメールサーバーではない別のサーバーを経由して送られてきた場合、なりすましの可能性が高いと判断して迷惑メールフォルダに入れられます。
対策としては、差出人として設定してあるメールアドレスを変えずに利用することなどの対処がおすすめです。

不審なURLが記載されているメール

フィッシング詐欺を警戒して、メールの本文中に不審なURL、怪しいURLが含まれていると迷惑メールだと判断されることがあります。詐欺グループが大手企業になりすまして、個人情報を抜き出すための不正なURLを記載してメールを送信する手法が横行していることなどが理由です。そのため、実際には怪しいサイトではなかったとしても、大手企業のドメインと似たアドレスになってしまっている場合などは、迷惑メールフォルダに格納されてしまう可能性があります。

また、短縮URLが悪質なサイトだと判断されてしまうケースもあります。短縮URLは見栄えも良く、利用している方も多いかもしれませんが、Gmailに記載する際には短縮していない元のままのURLを添付しておくとより安心です。

空メール

先方にメールアドレスの入力という手間をかけさせないために、空メールを送ったことがあるという方も多いでしょう。しかし、Gmailでは基本的に件名や本文がないメールは迷惑メールだと判断されます。これは詐欺グループなどが迷惑メールを送る前に、「送信しようとしている宛先のメールアドレスが現在も使われているものであるかどうか」を確認するために空メールを送る場合があるからです。
ですから、「メールアドレスを第三者に知らせる」などの目的で空メールを送りたいときでも、「テスト」や「〇〇です」など、簡単なテキストを必ず記入しましょう。一手間を忘れないことで迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性を下げられます。

ブロック機能

Gmailには、メールアドレスを指定してブロックする機能があります。この機能によってブロックされている対象のメールアドレスから送られてきたメールは、一度受信された後に、迷惑メールフォルダに振り分けられるという仕様になっています。
相手が意図してブロックしている場合は仕方ありませんが、意図せずブロックの設定をしてしまっている際には、先方に説明して解除してもらうことで迷惑メールフォルダに入れられるのを防げます。

手動で迷惑メールフォルダに入れたメール

ユーザーがメールを手動で迷惑メールフォルダに入れた場合には、その判断が記憶されます。そして次回からは、そのメールアドレスから送られてきたメールは自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられるようになります。
このケースも、ブロックと同じように意図して行われた場合は仕方がありません。しかし、ごみ箱フォルダに移動しようとして誤って迷惑メールフォルダに入れてしまうという場合も考えられます。そのときは、相手に迷惑メールフォルダを開いてもらい、その中にある「迷惑メールではない」という箇所をクリックしてもらうと、設定か解除されます。すると、次回からは無事に受信フォルダに振り分けられるようになります。

ポリシーに反するメール

ユーザーがポリシーを設定して、特定のメールを迷惑メールであるとマークしていることがあります。この設定に引っかかった場合も、迷惑メールであると判断されることになります。対策としては、相手にポリシー設定のマークを外してもらう必要があります。

送信者が確認できないメール

存在していないアドレスから送信された場合や、海外などの複数のサーバーを経由しているメールの場合は、送信者が正確に確認できないとして迷惑メールであると判断されます。何らかの理由で送信者を変更した覚えがあるのであれば、その際に存在していないメールアドレスに設定してしまってはいないかを確認してみましょう。

迷惑メールを解除する方法

迷惑メールを解除する方法

迷惑メールフォルダから「迷惑メールではない」をクリックすることで、迷惑メールから解除されます。また、根本的な方法として、相手のメールアドレスを連絡先に追加しておくことで迷惑メールだと判断されなくなります。思わぬときに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことを防ぐためにも、これから連絡を取り合いそうなアドレスは、連絡先に追加していく習慣を身につけておくと安心です。

まとめ

今回は、Gmailが迷惑メールだと判断するポイントと、それぞれの対策をご紹介しました。普段何気なく利用しているGmailですが、ユーザーを悪質なメールから守る機能のために、大事なメールまで見逃してしまう可能性もあります。そのような事態を未然に防ぐためにも、迷惑メールの判断基準を把握しておくことが重要です。また、週に一度や二度は迷惑メールフォルダをチェックする習慣にしておくのもおすすめです。

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ