メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介 | 【導入社数5,000社突破】メルマガ・メール配信システムの配配メール

メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介

メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メール配信はタイムリーな情報を届けることができる便利なメールですが、「受信するまでに遅延が発生して困った」という経験はありませんか?そこで、メールの遅延が発生する原因や対策方法などをご紹介します。

メールの配信が遅れる理由とは

メール配信の遅延とは?

お客様やメルマガの購読者に向けてメールを配信した際、受信されるまでにタイムラグが生じてしまうことがあります。配信する時間を指定しているのに遅延が発生し、日中に届くはずのメールが深夜に届いてしまうケースも多発しているようです。重要なお知らせをメールで配信した際に遅延すると、「今頃メールが届いても遅い!」とユーザーからのクレームに繋がりかねません。また、ショップのタイムセールの告知などは、時間通りに配信し、無事受信することでうまく機能します。その情報が遅れてしまうことは致命的で、利益を落としてしまう可能性も出てきます。

無料メルマガ配信サービスは特に遅延しやすい

自社で作成したメールを便利に配信できるメルマガ配信サービスですが、無料で利用できる配信サービスと有料で利用できる配信サービスがあります。個人的な趣味や小規模で配信する場合は、無料のメルマガ配信サービスを利用している方も多いでしょう。しかし、予定よりも数日遅れで配信されてしまうトラブルも起きているようです。システム改善には時間がかかることもあるため、連続してメルマガの遅延が発生し、購読者が離れてしまう要因となってしまいます。

メールが届く仕組み

メール遅延の原因について説明していく前に、まずはメールが届く仕組みについてチェックしておきましょう。

  1. 作成したメールを送信する
  2. メールの送信を行うSMTPサーバーへ転送される
  3. DNSサーバーでIPアドレスの確認や問い合わせを行う
  4. メールを受信するための機能を備えたPOP3サーバーへ転送される
  5. ユーザーのPC・スマートフォンなどでメールを受信する

このように、メールの送信から受信までには、3つのサーバーを経由していることになります。それが問題なくスムーズに行われることで、ユーザーの元へと無事にメールが届けられます。

メールが遅延する3つの原因

1. サーバーによる原因

転送中の処理の遅れ

送信したメールが大量だと転送できる量をオーバーしてしまい、サーバーの処理が追いつかなくなります。例えば、道路でスムーズに車が流れる交通量に対して、走る車の量が多すぎると、交通渋滞が起きます。それによって車が目的地までの到着が遅れてしまいますが、メールの場合だと一度に送信するメールの量が多いと遅延が生じてしまうのです。

サーバーやネットワークの不具合

メールは3つのサーバーを経由することで、送信から受信までが行われますが、いずれかのサーバーに不具合が出てしまったりネットワークに問題が生じたりすると、それが原因となって遅延が生じてしまいます。

2. 送信側の問題

一度に送る件数が多い

メールを送信する件数が多くなると、そのメールのコンテンツを件数分生成する必要があります。しかし、使用しているメールソフトの性能が低いと、コンテンツの生成にも時間を要するので、それが遅延を招く一因となります。

ネット回線・機器の性能不足

メールを一斉送信する際には、それに見合ったネット回線やサーバーなどの性能が必要となります。しかし、ネット機器やサーバーの性能、ネット回線が不足など、メールを送信するための基盤が十分でない場合に遅延が発生することがあります。

3. プロバイダーやキャリアによるブロック

通信制限によって負荷がかかる

IPS(プロバイダーやキャリア)によって通信制限も異なるため、送信したメールが受信できる許容量を超えてしまうと、負荷がかかりブロックされることがあります。

迷惑メールと判断されている

メールの件名や本文中に迷惑メールで多用されるワード(「出会い」や「当選」など)が入っていると、迷惑メールだと判断されブロックされてしまいます。また、使用されていないメールアドレスがリストに複数残ったままだと、「届かないメール」を送ることになります。それが一定量を超えていると、IPSによってランダムに迷惑メールを送る行為とみなされ、ブロックを受けるので注意が必要です。また、このようなメールを送信することで迷惑メールだと判断されてしまうと、IPレピュテーション(IPアドレスの評価)を下げてしまいます。評価が下がると、受信制限やブロックされるなどのデメリットがあり、メールの遅延だけでなく、ユーザーに届かない可能性が出てきます。

メールの遅延対策方法とは?

送信側に原因がある場合

大量のメールを配信する場合、文書の生成のスピードやネット回線・機器の性能不足によって遅延が出る場合には、ネットの利用環境や使用しているアプリケーション、PCのハードウェアの性能を上げるといいでしょう。

プロバイダーやキャリアによるブロック

送信したメールがIPSの通信制限を超え、ブロックされることを避けるには、IPSごとに送信方法を変える必要があります。ただし、この方法は送信先のIPSに適した方法を検証していくので、自社対応は難しくなります。これを解決するなら、メール配信サービスの活用や、スムーズな動作が可能となるシステムを導入することで改善が可能です。また、使用されていないメールアドレスへの配信をストップするなら、配信リストからアドレスを削除しましょう。定期的にリストをチェックし、使われていないメールアドレスは削除することで、不達メールの送信を防ぐことができます。

配信メールが遅延したか調べる

配信したメールに遅延が発生したら、「どこに不具合があって遅延してしまったのか」を調べることができます。メルマガなどは、配信したメールごとにヘッダーがついており、それには追跡情報が含まれています。まずは、ヘッダーを取得し、特定のツールを利用することで経由したサーバーや配信、転送に関する情報や経過時間をチェックしましょう。

メール配信サービスで確実に送信しよう

メールが遅延する原因や、個人で行える対策方法を紹介してきました。しかし、遅延となった原因を1つ解消できても、次にまた遅延が発生した場合、再び原因を探って改善となると、時間や手間が大幅にかかってしまいます。現在のメール配信システムに不安があるなら、メール配信サービスを利用することがおすすめです。導入実績の多いメール配信サービス導入実績の多いメール配信サービスなら、配信に関する便利な機能やノウハウを蓄積しているので、メールを受信するIPSの環境に最適な方法でメール配信ができます。また、現在は利用されていないアドレスを簡単に特定することができるので、不達メールの送信を防ぐことができ、とても便利です。

メールの遅延は防ぐことができる!

情報をスピーディーに届けることができるメールですが、使い慣れた便利さがあるがゆえに、遅延による信頼性が低下や損失に繋がります。ただ、遅延の原因は、サーバーの不具合もありますが、送信する側で対策をすることで防げます。特に、確実に情報を必要としているユーザーへメールを配信するなら、個人で行えるメール配信サービスでリスクヘッジをするのがおすすめです。また、既存のシステムとメール配信サービスの機能を連携することも可能なので、メールの遅延を防ぐために利用を検討してみてはいかがでしょうか。

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク