お役立ちコラム

成功事例から学ぶ!メールマーケティング成功の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功事例から学ぶ!メールマーケティング成功の秘訣

メールマーケティングを成功させるためには、効率化やツールの活用が必須です。オススメの施策や効率的なメールマーケティングの方法、ツールを活用した成功事例などを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

見込み顧客を見える化するサービス配配メールBridge

関連記事はこちらメールマーケティング始めるなら、かんたん運用の配配メールBridge

目次

    メールマーケティングとはいったい何なのか

    メールマーケティングとは、通常のマーケティング活動を電子メールに置き換えたもののことを言います。マーケティング活動の基本は、「お客様がかかえる悩みを調査し、解決策を提案する」というものです。メールマーケティングではこの基本を踏まえ、お客様にとって有益な情報を送り届ける必要があります。

    メルマガとの違い

    メールマーケティングとメルマガは目的が異なります。
    メルマガの目的が「情報を届けること」であるのに対して、メールマーケティングの目的は「態度変容を起こすこと」です。態度変容とは、お客様がメールを読んだことをきっかけに資料請求や商品購入などの行動を起こすことを意味します。

    またメルマガは、メルマガ登録者全体に同一コンテンツを一斉配信するのに対して、メールマーケティングにはいくつかの配信方法があります。メルマガのような一斉配信や、顧客の年齢や性別などの属性に合わせたコンテンツを配信するセグメント配信など、見込み客の段階や状況などに合わせて、配信内容やタイミングを変えてアプローチすることで、自社への関心を高めることができます。

    関連記事はこちらbtobではメールマーケティングが効果的?考え方や注意点をご紹介!

    関連記事はこちらメールマーケティングとは何か?メルマガとの違いややり方を解説

    現在のメールマーケティング事情

    もともとのメールマーケティングでは、一斉配信でお客様に有益情報を届けるというメルマガ形式のものでしたが、近年ではお客様一人ひとりの趣向にあった内容を配信するようになってきています。「お店の売れ筋商品や旬な情報を届ける」という一方的な情報配信から、「お客様が必要としている情報を届ける」という配信方法に進化していったのです。

    メールマーケティングが進化した理由

    なぜメールマーケティングの方法がこのように進化したのかというと、メールマーケティングに活用できるシステムが登場したことが理由としてあげられます。これまで、お客様一人ひとりにあった内容のメールを作成するには膨大な時間と労力が必要でした。しかし、これらの作業を自動化するシステムを使い、細分化されたマーケティング活動が可能になったことから、メールマーケティングは次々と進化を重ねていきました。

    このような進化を経て、さまざまなSNSが登場した今でも、メールマーケティングは「売上アップに繋がる重要なマーケティング戦略」として活用されています。では、メールマーケティングについての理解が深まったところで、次は施策について考えてみましょう。複数紹介するので参考にしてみてください。

    誰でも簡単にマスターできる!メールマーケティングの施策4選

    メールマーケティング成功の秘訣は、戦略にあった正しい施策を作ることができているかです。ECサイトを例にオススメの施策を4つあげるので、自社にあうと思うものを取り入れてみましょう。施策の組み合わせ次第で大きなマーケティング効果を得ることができます。

    1.定期メルマガ(メールマガジン)

    まずは、冒頭でも紹介したメルマガについて紹介します。無料会員登録してくれたお客様に対し、有益な情報を一斉配信するのがメルマガです。

    例えば、旬の商品に関する情報や、セールのお知らせなどの情報です。メルマガは、配信すべき情報が固まり次第、定期的に配信するというもので、お客様とコミュニケーションを図る手法として用いられています。

    2.ステップメール

    ステップメールも無料会員登録してくれたお客様にメールを配信するというものですが、メルマガとは大きく異なる部分があります。それは、段階ごとに内容を変えてメールを送るというところです。
    例えば、以下のようなメールをステップメールと言います。

    ・1通目…登録のお礼とサイトの紹介
    ・2通目…オススメの商品やサービス紹介
    ・3通目…商品やサービスを使うことで得られるもの(事例)
    ・4通目…有料会員になれば商品やサービスをお得に使用できる

    このように段階を踏み、お客様を有料会員登録へと導く手法を使うのがステップメールです。伝える内容とタイミングを考慮して送るのがポイントです。

    3.ターゲティングメールとリターゲティングメール

    ターゲットを絞ってメールを送るのがターゲティングメールです。ターゲティングメールでは、会員登録であらかじめ取得している情報をもとに内容を切り分けます。女性には女性向け、男性には男性向けというように切り分けを行います。そうすることで、お客様の次なるアクションを狙うことができます。
    また、さらに細分化を行うことでリターゲティングメールが可能になります。このリターゲティングメールでは、お客様のリターン(再ログイン)を狙うことができます。商品ページの閲覧時間が長かったお客様にその商品の紹介メールを送ったり、ログインが1週間以上ないお客様にお知らせメールを送ったりすることで離脱を防げるので、サイト利用や商品購入を続けてもらうには欠かせない施策です。

    4.カゴ落ちメール

    売上アップのために活用できるのがカゴ落ちメールです。ECサイトで商品を購入する際は、購入ボタンを押して買い物かごに入れるというフローを行います。このとき、購入手続きが面倒でそのまま放置してしまったり、買い物かごに入れたまま忘れてしまったりする方がいます。そのような方たちに「買い物かごの中に商品が残っています」と伝えるのがカゴ落ちメールの役割です。カゴ落ちメールではお客様の「困った」を解決するために、「購入手続きが簡単なこと」や、「買い忘れ商品があること」を含めた内容を記載します。

    効果的なメールマーケティングに共通する5つのポイント

    メールマーケティングの施策を取り入れる場合は、以下のポイントを考慮することが大切です。

    ポイント1.ターゲットを絞ってメッセージ性を込める

    「このメッセージは自分に向けて送られているものだ」とお客様に感じてもらうことができれば、心を掴むメールマーケティングができたということになります。ターゲットを的確に絞り込み、相手のニーズに合わせたメールを作成しましょう。

    ポイント2.わかりやすい内容に

    特定のターゲットに向けたメッセージが書けたとしても、伝わらなければ意味がありません。そのため、小学生が読んでも理解できるようなわかりやすい内容になるよう心がけましょう。情報の詰めすぎや文章構成の崩れを防ぎ、綺麗で読みやすいメールを作成するようにします。

    ポイント3.タイミングを図る

    タイミングをはかる際は、開封率が高い時間を狙いましょう。データを集めることで、その時間を把握することができます。「何曜日の何時」というように時間を指定して送ることで、メールの内容を多くの方に見てもらえる可能性が高まります。

    ポイント4.件名を工夫する

    コンテンツの内容がどれほど良いものであっても、開いてもらえなければ読者に内容を伝えることはできません。
    メルマガを開いてもらうためには印象的な件名を設定して、開封率を高めることが大切です。「今だけ」「限定」「間もなく終了」など、「今すぐメールを開かなければ」と思わせるような件名をつけると開封率が向上するといわれています。

    ポイント5.配信の頻度を調節する

    一般的に、メールの内容が充実しているのであれば、配信頻度を上げることで極端に読者の離脱を招くことは少ないといわれています。しかし似たような内容のメルマガを毎日のように配信していれば「またこの店からメールが来た」と思われて削除されたり、登録を解除されたりする可能性は高まるでしょう。一方で、配信する頻度が低すぎても十分な効果は得られにくいといえます。

    メルマガは、配信内容に合わせた適切な配信頻度を心がけることが重要です。思うように効果が得られていないのであれば、配信頻度を見直すことも手段のひとつといえるでしょう。

    5つのポイントを押さえることで質の高い効率的なメールマーケティングを行うことができます。より効率的にメールマーケティングを行うのであれば、メール配信サービスやメールマーケティングツールを活用するのもオススメです。

    関連記事はこちら海外のメールマーケティングでは当たり前!?5つのポイントと役立つシステム

    さらにメールマーケティングの効果を高めるには

    さらに効果の高いメールマーケティングを行うには、次の3つのポイントに注意してみましょう。一歩踏み込んだ対応ができるかどうかで訴求効果は大きく変化します。

    読者にレスポンスを促す

    「ご不明な点はございませんか?」「ご要望がありましたらお聞かせください」など、読者からのレスポンスを促すことは読者との距離を縮めるためにも有効だといえます。
    加えて、簡単に答えられるアンケートフォームなどを設置するのも良いでしょう。
    レスポンスを分析することで自社の課題を見つけ出して、より良い運営に繋げることも可能になります。

    クレームへのフォローメールを送る

    トラブルが発生した際、クレームに対するフォローメールを送るのも有効です。配送遅延や在庫不足によるキャンセルなどが発生したときは、メールを通じて速やかにお詫びの連絡を入れることで顧客の信頼低下を抑止できる可能性があります。

    配送通知にひと手間加える

    注文された商品の配送通知メールを送る際に、オススメの商品やサービス、耳寄りな情報などを併記するのも効果的です。しかし配送通知以外の情報がメインになってしまうと逆効果になることもあるため、掲載する場合は添える程度に留めましょう。

    関連記事はこちら「パーソナライゼーション」を考慮したメールマーケティングを解説

    メールマーケティングの成功事例を見てみよう

    メール配信サービスやメールマーケティングツールを取り扱っている「配配メール」というサービスがあります。こちらでは、その「配配メール」を使った成功事例を紹介するので、メールマーケティング活動の参考にしてみましょう。システムやツールの活用法がわかれば、自社の強みを活かしたメールマーケティングが可能になります。

    メールマーケティングで成果をあげるためには

    メールマーケティングの施策や効率的な取り組み方、メールマーケティングサービスを行う配配メールの活用事例を紹介させていただきました。メールマーケティングを行う場合は「どうすればお客様一人ひとりに行動を起こさせることができるのか」という考え方が大切になってきます。

    ターゲットへの訴求方針を的確に施策へと落とし込み、システムやツールを上手く活用して効率的なメールマーケティングを行いましょう。今回ご紹介した成功事例を参考に、ぜひ売上アップに繋がるメールマーケティングに挑戦してみてください。

    関連記事はこちらメールマーケティングはPDCAが必須!各項目で行う手順についてご紹介

    見込み顧客を見える化するサービス配配メールBridge

    記事執筆者紹介

    記事執筆者 大塚 陽生紹介
    大塚 陽生著者大塚 陽生のtwitterへのリンク
    株式会社ラクス 配配メール事業部 企画課
    オンラインマーケティングチーム

    広告代理店の営業&ウェブ広告の運用担当として6年間従事し、2019年4月ラクス入社。オンラインマーケティングチームに所属し広告運用や営業メールの運用を担当。メルラボでは、主に自身のメール配信実績をもとにした記事を作成。

    何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

    無料でもらえる

    今なら売上UPノウハウが詰まった
    メルマガ成功事例集をプレゼント!

    資料請求・お問い合わせ

    03-6675-3612

    受付時間 | 平日 9:00~18:00 (土日祝日除く)

    ページトップへ