メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > かご落ちにはメール配信が効果的?ECサイト売上アップの方法を紹介

かご落ちにはメール配信が効果的?ECサイト売上アップの方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトではメルマガの配信数を増やすより、かご落ちメールを送るほうが高い効果を期待できるのはご存知ですか?コンバージョン率を高めるなら、かご落ち対策は必須です。まだ対策をしていないのなら、その方法と配信タイミングについて学びましょう。

コンバージョン率をあげるなら、かご落ち対策は必須

そもそもかご落ちとは?

ECサイトで、カートに商品を入れたままサイトを離脱した状態が「かご落ち」です。離脱したユーザーにアプローチするかご落ち対策は、コンバージョン率向上に繋がることが分かっています。ECサイトを利用しているのなら、「興味を持った商品をカートに入れたまま購入していない」経験があると思います。かご落ち率を調べた統計調査では、約7割もの商品がかご落ちしていることが分かりました。もし、1,000万円もの商品がカートに入ったとしても、約700万円分は購入する前に抜け落ちていることになります。今すぐ購入するつもりはなくてもカートに入れている、時間がなくて後回しにしている、検討・保留中といったユーザーは少なくありません。つまりカートに入る商品は「今すぐ購入するもの」ばかりではないのです。
カートに商品を入れているユーザーは、商品購入へのモチベーションが高いといえます。そのため、もうひと押しアプローチで購入に繋がる可能性は十分です。最近は自社でどれくらいかご落ちが発生しているのか確認できる無料ツールも登場しているので、一度試してみてください。自分が気づかないうちにユーザーの「購入予定」の商品が抜け落ちている、もったいない状況が数値として分かると思います。
次は、実際に対策を始める前に、かご落ちの対策としてどのような方法があるのかもみておきましょう。

かご落ち対策

かご落ちメールの配信

今回紹介しているかご落ちメールは、比較的安価にできる代表的な対策方法です。サイトから離脱したユーザーにリマーケティングすることで購入意欲を高めます。複数の商品を扱うECサイトと相性がよく、成功事例も多くみることができます。メールを使うので、広告費用が別途かかるということもありません。また、タグ設置するだけで簡単に実施できるのも大きなメリットです。

ECサイト上で、追加した商品を表示

ECサイトを利用していると「最近チェックした商品」や「おすすめの商品」などで商品を表示しています。そうすることで、ショッピングカートに追加した商品の存在をユーザーにアピールできます。ツールを独自開発するか、DMP系ツールを導入することで容易に実装可能です。

ショッピングカートアイコンに追加した商品点数を表示

こちらもECサイトを利用する方はみたことがあると思います。ショッピングカートに商品を追加すると、ショッピングカートのアイコン上に追加した商品点数を表示して教えてくれます。大手ECサイトでも使われる方法なので、利用するユーザーにとっても理解しやすいと思います。ただし、実装するにはシステム開発が必要なほか、ユーザーが再度サイトへ訪問しなければアプローチできません。

商品購入にいたらなかったユーザーに広告を配信

商品購入にいたらなかったユーザーごとに、異なる広告を配信する方法です。興味のある商品と類似した商品情報を送ることで、商品購入を促します。ただし、実施にはDMP系ツールの導入とDSPの利用が必要となるほか、広告費が別途必要です。

離脱時に確認メッセージを表示

ユーザーがサイトから離脱する時に、「カートに商品が残っています」等の確認メッセージを表示する方法です。確実にユーザーの目に入れることができますが、行動を阻害するので煩わしく感じられる可能性があります。

かご落ちメール配信の仕組み

かご落ちメールを配信する方法も何通りかあります。その方法を確認する前に、まずは大まかな流れを確認しましょう。

メール配信までの流れ

基本的な流れは、「かご落ちの確認→ユーザーの特定→メールの内容設定→配信開始」という4つのステップで行われます。それぞれの工程でユーザーの履歴やメールアドレスなどの情報が必要です。メールの内容は、かご落ちした商品の購入を促すだけでなく、関連商品の情報を含め配信するとユーザーが比較・検討しやすくなります。

メール配信の方法

かご落ちメールを配信するには、次の3つの方法があります。

1.ECシステムとメール配信システムの併用

ECサイトのシステムで、「かご落ちの確認~メールの内容設定」までを行い、配信のみを外部のシステムで行う方法です。メルマガを配信している場合、既に使用している配信システムをそのまま使うことができます。新たにソフトの使い方を覚え直す必要もなく、差し込み機能で1人ひとりに異なる文章を作成して配信することが可能です。デメリットとしては、対象ユーザーの抽出や配信などを手動で配信するケースが多いので、リアルタイムでの対応が難しくなります。

2.MAツールの利用

かご落ちメール機能を備えたMA(マーケティングオートメーション)ツールを利用する方法です。確認から配信まで全ての工程をMAで完結できます。MAツールには様々な機能がついているのでかご落ちメール以外の施策も実行可能です。ただし、設定に手間がかかる、施策がかご落ちメールのためだけだとコストが高くなるといったデメリットがあります。

3.専用ツールの利用

最近ではかご落ちメールを配信するために開発された専用ツールも登場しています。ほかの方法よりもすばやく対応できるリアルタイム性が確保できる点が魅力です。ただし、文字通り専用ツールなので単機能的なツールが多く、管理やほかの施策も考えると実現できることが限られています。導入をするのなら、事前にしっかりと機能を確認してください。

いつ送る?成果に繋がる配信タイミング

かご落ちメールをより効果的に使うには、配信するタイミングも重要です。また、ステップメールのように2通目のメールで成果を高められることも分かっています。

かご落ちメールの効果を高める方法

かご落ちメールの効果に関しては検証が進められています。現段階でも、開封率・クリック率・コンバージョン率の全てにおいてメルマガより高い効果が期待できることが分かりました。運用のポイントとして「離脱から1時間以内にメールを配信する」ことを覚えておいてください。調査では、離脱1時間以内では14%、24時間以内では6%とコンバージョン率が倍近く変わることが分かっています。高い効果をだすためには、ユーザーの購入意欲が薄れる前に対応することが重要です。
また、1通目では購入に至らなかったユーザーでも、時間をあけて2通目のメールを配信することで成果が期待できます。離脱後すぐに反応が返ってくる場合と、少し検討が必要な場合のように、ユーザーによって購入意欲が高まるタイミングは違います。この違いが2通目のかご落ちメールの成果に繋がっているのでしょう。もし可能なら、2通目には「送料無料」の文言を加えたり「クーポン付きメール」を配信したりすることでさらに効果が期待できます。ユーザーにとって少しでもお得な情報は、積極的に組み込んでいきましょう。

かご落ちメールでコンバージョン率改善

約7割の商品が購入直前でかご落ちしています。これはECサイト運営側としては、とてももったいない状態です。メールであれば比較的安価に導入が可能ですし、効果を考えるとやらない理由はほとんどありません。まだ対策をしていない運営者は、状況を改善するためにもぜひ試してください。

コラム

2018年8月31日
HTMLメールはスパムじゃない!?HTMLメールの危険性と正しい認識について
2018年8月30日
テキストメールとHTMLメールの違いとは?目的に応じて使いわけるコツ
2018年8月30日
メールは件名がポイント!確実に開封&返信してもらえるコツとは?
2018年8月29日
メール署名テンプレート集!署名の設定方法と注意点とは
2018年8月29日
SSL(暗号化通信)を利用したメールとは?気になるセキュリティ強化の仕組みや必要性を徹底解説
2018年8月27日
今すぐセキュリティをチェック!メール添付ファイルを保護する方法
2018年8月27日
ビジネスメールの注意点とは?すぐに使えるテンプレートを活用しよう
2018年8月27日
ビジネスマナーに役立つ担当変更メールの書き方と例文の紹介
2018年8月24日
メール追客を成功させる2つのコツと実践で使えるメールテクニック
2018年8月24日
【メール販促初心者必見】メルマガ配信を成功させる3つのポイント
2018年7月31日
メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介
2018年7月31日
定型文で簡単にできる!シチュエーション別ビジネスメールの基本
2018年7月31日
表現の仕方で変わる!ビジネスに役立つ感謝メールの基本
2018年7月30日
迷惑メールをブロック!リスト分けなど今すぐできる対処方法をご紹介
2018年7月30日
メルマガ担当者必見!オプトインメールの取得と配信方法

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク