お役立ちコラム

メール配信代行サービスって何?担当者の悩みを解決してくれるサービスの内容と選び方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メール配信代行サービスって何?担当者の悩みを解決してくれるサービスの内容と選び方について

連絡手段としてのみでなく、マーケティングツールとしてもメールは重要な意味を持つようになりました。ビジネスシーンでは、大量のメールを一斉に送信しなければならないケースも増えています。とはいえ、多くのメールを意図した相手に確実に届けるのは技術的にも難しく、悩みの種となっている担当者も多いようです。

そこで、メール配信代行サービスをうまく活用することが重要です。今回はそのサービスの内容や選び方をご紹介します。

どうしてメール配信代行サービスが必要なの?担当者の悩みとは?

現代において、メールはシンプルでごく一般的な連絡手段のひとつです。ビジネスでも、プライベートでも毎日のようにメールの送受信を行う方が多いはずです。
そのため、メールをマーケティングとして導入するのも簡単なというイメージを抱いている方も多いようです。ですが、メールをマーケティングツールとして活用する場合、あらゆる問題が発生し、担当者は頭を悩ませることになります。
まずは配信の担当者の頭を悩ませるポイントを整理しましょう。すると、メール配信代行サービスの必要性や求める機能が見えてきます。

効果的な配信のためのリスト作成・管理に手間がかかる

メールマーケティングにおいて大切なのは、相手に合わせて適切な内容のメールを配信することです。そのため、配信先のリストを作成し、管理し続ける必要があります。
新規で配信先の追加や、逆に削除しなければならないこともあるでしょう。一見シンプルな仕事のように感じられるかもしれませんが、配信量が多くなると非常に手間がかかります。さらに、複数のリストを管理するとなれば、作業量は膨大なものとなるでしょう。

適切にリストを管理できていなければ、マーケティングの精度も下がり、十分な効果も得られません。このように、リストの管理は重要なポイントであるにも関わらず、その手間から担当者の大きな悩みとなってしまうのです。

メール配信をしているのに期待通りの結果が出ない

ビジネスシーンでメールを配信する場合、何らかの効果を期待して配信します。ところが、配信しているにも関わらず、効果が得られないケースもあるのです。これが担当者の悩みとなります。
コンテンツの内容はもちろんのこと、タイトルや配信のタイミングなど、どれかひとつをとっても効果に差が出ます。ですが、メールの配信方法には明確な「正解」は存在しません。配信の目的や、ターゲットによって求める効果が変わるためです。
そのため、マーケティングで結果を出すためには、専門的な知識や情報の分析を行ったうえで配信を行う必要があります。

効果の測定ができない

メールマーケティングの場合、効果が見えにくいことが悩みとなるケースも少なくありません。配信を行うことで得られる効果が明確でなければ、現在の方法が正しいのか、あるいはどのように改善すべきなのかもわかりません。
そこで、重要なのが効果の測定です。数値化することがあれば基準値を設定し、それを下回っていれば改善が必要ということになります。逆に上回っていれば、現在の方法が正しいと言えるでしょう。メール配信をより効率的で有効なものとするために、測定は非常に重要です。
効果を測定し、数値化の方法がわからないことが担当者の悩みとなるケースは多いのです。

メールマーケティングの専任担当者でなく、仕事が滞ってしまう

組織の規模によっては、メールマーケティングのみに取り組む専門部門や、専任担当者を配置できないケースもあります。他の業務と兼任するとなればその分だけ忙しくなり、メール配信が滞ってしまいます。特に、企業のコア業務に関わっている場合、メールマーケティングの優先度は低く設定され、後回しになる可能性が高くなります。
前述の通り、メール配信によりさまざまな効果を得るためには、リストを作成・管理し、常に効果を測定しながらその方法を検討し続けるなど、とても多くの工程が必要となります。そのため、仕事量の関係で物理的に担当者のみではこなせない可能性もあります。

メール配信代行サービスによって担当者の悩みは解決できる?

メール配信代行サービスによって担当者の悩みは解決できる?

前述の通り、メールを使ったマーケティングには多くの工程が必要となり、担当者の頭を悩ませます。
では、メール配信代行サービスによって、これらの悩みを解決できるのでしょうか?
ここでは、具体的なサービスの内容についてご紹介します。

配信の準備~リスト作成や管理

メールを使ったマーケティングを行うためには、いくつかの準備をしなければなりません。中でももっとも重要なのはリストの作成と管理です。
メール配信代行サービスでは、これらの重要な準備も任せることができます。社内の担当者のみで行うよりも作業ミスも少なく、効果的な配信の準備ができるでしょう。
また、リストは一度作成すれば、ずっとそのままでいいというわけではありません。適切な管理ができなければ、マーケティングの精度は低くなります。
こうした管理も一括して任せられるため、担当者の負担を大幅に軽減できるのです。

コンテンツの作成

メールでのマーケティングにおいて、コンテンツ作成が悩みの種となるケースも少なくありません。読者の興味を惹くことのできる文章を書き、優れたコンテンツに仕上げるのは難しいものです。
また、開封率やクリック率を高めるためには、タイトルやURLの配置などについても慎重に考える必要があります。
メール配信代行サービスでは、ニーズに合わせたコンテンツ作成も依頼できます。
もちろん、ライティング業務そのものを丸投げすることも可能ですし、社内で作成した原稿の見直しという形での依頼もできます。

このようなサービスを利用すれば、担当者の負担を軽減できるだけでなく、コンテンツのクオリティや効果を高めることにもつながるでしょう。

総合的なメールマーケティングのコンサルティング

メールマーケティングをするといっても、そもそも何をすればいいのかわからないという担当者も多いようです。メール配信代行サービスを導入すれば、メール業務への総合的なコンサルティングを受けることもできるため、メールマーケティングに関する知識があまりない方でも安心です。

さらに、実際の配信から、効果の測定に基づいた改善についてなど継続的なコンサルティングが受けられるというメリットもあります。

成果を得るためには、長期的に配信を継続する必要があります。そのため、緊急時などのサポートは欠かせません。サポートが充実しているサービスであれば、時代の流れと共に、変化していくメール配信に対する要求への対応が可能です。

メール配信代行サービスの選び方

メール配信代行サービスの選び方

最後に、メール配信代行サービスの選び方をご紹介しましょう。現在では、メールマーケティングの重要性、そして需要の高まりと共に専門業者も増えました。
そのため、自社に合ったサービスを選ぶ必要があります。

セキュリティがしっかりとしたサービスを

最初にチェックすべきなのは、セキュリティです。メール配信に関する業務の代行を依頼することになるため、メールアドレス、氏名といった顧客の個人情報を渡すことになります。
見極めるためのポイントはプライバシーマーク(Pマーク)です。個人情報に対し、適切なセキュリティ対策を行う事業者のみに与えられるマークであるため、それだけ安全性が高いといえます。

コストパフォーマンスの高さ

継続的なサポートやコンサルティングが必要な場合、コスト面もチェックしなければならないポイントです。多くのサービスを利用すれば、その分料金も高額になる傾向にあります。そのため、自社の求めるサービスを自由に選択できるカスタマイズ性の高いサービスを選ぶのがおすすめです。
まずは必要な機能を把握する必要がありますので、できるだけ依頼したい内容を明確にしたうえで選ぶことをおすすめします。

まとめ

マーケティングにおいて、メールの重要性は年々高まり続けています。メールマーケティングがビジネスの成果を大きく左右することもあるほどで、常にメール業務の精度向上や、効率化が求められています。
そこで、メール配信代行サービスの有効性も高まりつつあります。今回ご紹介したポイントを頭に入れた上で、利用を検討してみてください。

また、リスト管理やコンテンツ作成を自社にて行えるという方は、メール配信サービスを活用しての内製でのメールマーケティングもお勧めです!配信代行サービスは業務委託を行う形になりますが、メール配信サービスでもカスタマーサポートに力を入れているサービスがあり、自社運用相談など内製でのメールマーケティング支援を行ってくれるサービスもあります。こちらも検討してみてください。

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ