メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > なぜメールの配信でエラーが発生するの?その原因と対処法を紹介!

なぜメールの配信でエラーが発生するの?その原因と対処法を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メール配信のエラー発生時は、素早い原因解明が大切です。実は、この原因解明に便利なサービスを活用すれば、スムーズに行えるということをご存知でしょうか?エラーメッセージの種類や対処法とともに、その便利なサービスについてみていきましょう。

Mail Delivery Subsystemってなに?

メールを配信した際、「Mail Delivery Subsystem」というメールが返ってくることがあります。これは、Gmailの配信でエラーが発生した際に出現します。送信主が「Mail Delivery Subsystem」で、内容部分には英語の文章がずらりと並んでいるため、一見いたずらメールのようにもみえてしまいます。エラーメールだということがわからず、そのまま無視してしまうという方もいるのではないでしょうか?しかし、その内容部分には重要なメッセージが記載されているので、きちんと読み解く必要があります。

エラーメッセージを読み解く必要性

Gmailから届いたエラーメッセージの内容を読み解くことで、なぜエラーが起きてしまったのかという原因を知ることができます。例えば、一度に大量のメール配信する際にエラーメールばかりが返ってくると、困り果ててしまいます。そんな時、すぐにエラーメッセージの内容を理解することができれば、その原因を素早く解決し、的確に対処することができます。

エラーメールの大半が「配信エラー」

この「Mail Delivery Subsystem」という送り主から届くメールの内容は、大半が配信エラーのものです。「相手のサーバーでブロックされたからメールを届けられなかった。」「送ったメールのサイズが容量オーバーしている。」といった内容で、相手のメールアドレスも一緒に記載されています。

容量オーバーの場合は、添付した画像サイズが大きかったというパターンが多く、画像のサイズを小さくすると配信エラーのメールが返ってこなくなることがあります。しかし、配信エラーの原因は、ブロックや容量オーバーだけではありません。いくつもの種類があるので、正しい解決策を手に入れるためにそれぞれの内容を詳しくみていきましょう。

エラーメッセージと対処法1~メールアドレスが間違っている可能性~

メールアドレスが間違っている際もエラーメッセージが届きます。以下のエラーメッセージがメールの本文に含まれているかどうかチェックすることで、メールアドレスが間違っているかどうか確かめることができます。

@よりも前の部分が間違っている

エラーメッセージ一例

・User unknown
・Invalid recipient
・Invalid user specified

対処法

メールアドレスを訂正し再配信

@よりも後ろの部分が間違っている

エラーメッセージ一例

・Host unknown
・host not found
・DNS Error

対処法

メールアドレスを訂正し再配信

エラーメッセージと対処法2~添付ファイルや件名が問題になっている可能性~

冒頭で説明した容量オーバーのエラー内容がこちらになります。以下のようなメッセージが届いたら、すぐに配信したメッセージ内容や添付ファイルの容量をチェックしてみましょう。

メッセージや添付ファイルの容量オーバーにより、相手がメールを受信することができない

エラーメッセージ一例

・Message size exceeds maximum value
・Message is too large

対処法

・複数のメールに添付ファイルを分割して送る
・容量制限を解除して再配信

エラーメッセージと対処法3~相手のメールサーバーや設定の可能性~

相手側の状況が原因で、エラーメールが返ってくることもあります。その場合は相手側に対処してもらう必要があるので、直接伝えるか、電話で連絡するといった方法で伝えなくてはいけません。サイトの会員登録者にメールが送れなくなることもあるので、サイト運営者はそうなる前に、サイト内で注意書きをしておく必要があります。

相手側の受信トレイ容量がいっぱいで、相手がメールを受信できない

エラーメッセージ一例

・Message size exceeds remaining quota
・This account is over quota
・this mailbox is full

対処法

・相手に不要メールを削除して欲しいという旨を伝えて再配信
・相手に受信トレイの容量を増やしてもらい再配信

相手側がPCメールの拒否設定をしている

エラーメッセージ一例

The error that the other server returned was: 550 Unknown user XXXXX@XXXXXX.XXX

対処法

相手に受信拒否設定を解除してもらい再配信

メールの自動配信システムなら配信エラーの解析や自動停止の機能も

メールを送る相手が1人なら、上記のような配信エラーが起きてもすぐに対処することが可能です。しかし、定期メルマガのように大量配信をするとなるとそうはいきません。では、どうすればすぐに配信エラーの対処を行うことができるのでしょうか?効率的な対処法をお教えするので参考にしてみてください。

メルマガ配信でエラーが返ってきたら…

相手のメールサーバーや設定が原因でメール配信ができない場合は、メルマガを停止する必要も出てきます。しかし、1つ1つのアドレスをいちいち手作業で削除していたら、膨大な時間と手間がかかってしまいます。その場合は「自動配信システム」の活用を考えてみましょう。

配信エラーにもってこいの便利な自動配信システム

当サイトで紹介しているメール配信システム、「配配メール」で実現可能なことをお伝えします。配配メールには、メルマガ配信で活用できる機能が豊富に取り揃えられています。特に着目していただきたいのが、配信エラーの解析や自動停止が可能な機能です。この機能を活用すれば、送り先のサーバーや設定が原因でエラーが返ってきたメールを、簡単に解析・停止することができます。読者一人ひとりのエラー原因を素早く解析することができるので、時間をかけずに原因をつきとめることができます。また、エラー回数に制限を設けることで、その読者へのメール配信を自動で停止することもできます。このように、自分でエラーメールをチェックして停止するという手間を省くことができるため、効率的なメルマガ配信が可能になるのです。

配配メールの自動配信システム

配配メールは、上記で紹介したエラーメールの自動解析機能の他に、メルマガのテンプレートやHTML形式のメールを簡単に作成することができる機能も取り揃えています。しかし、メルマガ作成で活用できる機能はそれだけではありません。送り先の受信ブロックを回避したり、メルマガには欠かせない効果測定ができたりと、さらに便利な機能が満載です。メルマガの長期的な運用を考えるのであれば、このようなメールの自動配信システムはなくてはならないものと言えるでしょう。

エラーメッセージを把握して効率よい配信を!

エラーメッセージの種類や対処法、そして、便利なサービスを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?メールを大量に配信する場合は、エラーメッセージの解析が大きな鍵になります。なぜなら、この部分の作業を行うことで、確実にメールが届く相手にのみ情報を発信することができるからです。これは、効率的なメールマーケティング活動にも繋がります。また、継続的な配信が必要なメルマガでは、配配メールのような便利なサービスの活用をオススメします。

・配信エラー解析・自動停止機能
・テンプレート作成
・HTMLメール作成
・受信ブロック回避機能
・効果測定機能

上記のような機能を利用すれば、以前と比べ物にならないほどスムーズなメルマガ配信が可能となります。

コラム

2018年8月31日
HTMLメールはスパムじゃない!?HTMLメールの危険性と正しい認識について
2018年8月30日
テキストメールとHTMLメールの違いとは?目的に応じて使いわけるコツ
2018年8月30日
メールは件名がポイント!確実に開封&返信してもらえるコツとは?
2018年8月29日
メール署名テンプレート集!署名の設定方法と注意点とは
2018年8月29日
SSL(暗号化通信)を利用したメールとは?気になるセキュリティ強化の仕組みや必要性を徹底解説
2018年8月27日
今すぐセキュリティをチェック!メール添付ファイルを保護する方法
2018年8月27日
ビジネスメールの注意点とは?すぐに使えるテンプレートを活用しよう
2018年8月27日
ビジネスマナーに役立つ担当変更メールの書き方と例文の紹介
2018年8月24日
メール追客を成功させる2つのコツと実践で使えるメールテクニック
2018年8月24日
【メール販促初心者必見】メルマガ配信を成功させる3つのポイント
2018年7月31日
メール配信の遅延はなぜ起きる?気になる原因と解決方法をご紹介
2018年7月31日
定型文で簡単にできる!シチュエーション別ビジネスメールの基本
2018年7月31日
表現の仕方で変わる!ビジネスに役立つ感謝メールの基本
2018年7月30日
迷惑メールをブロック!リスト分けなど今すぐできる対処方法をご紹介
2018年7月30日
メルマガ担当者必見!オプトインメールの取得と配信方法

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク