メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > メール・メルマガ配信コラム > メルマガ開封率を倍増!インパクトが強いメールタイトルの作成法

メルマガ開封率を倍増!インパクトが強いメールタイトルの作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガは、ユーザーが中身を読んで初めて価値が生まれます。そのため企業はクリック率を上げるために、何を改善すればいいかを考えることが重要です。この記事では、クリック率を高める「インパクトのあるメールタイトルの考え方」についてご紹介します。

ユーザーはメールの中身を確認していない!?

スマートフォンやパソコンが普及している現在、メルマガは自社サービスや商品を顧客に知ってもらうのに有効な手段です。しかし、どれだけ時間をかけて作ったメルマガでもユーザーに開封されずに削除される可能性も十分にあります。
せっかく配信したメルマガを無意味なものにしないためには、ユーザーが思わずクリックして中身を見たいと思わせるための件名を考えることが最も重要なポイントです。そのためにはまず、ユーザーがどのような基準でメルマガを開くか判断しているのか知りましょう。

件名のインパクトで判断している

商品広告でも、インパクトがあるキャッチコピーにつられて、紹介サイトページまで飛んでしまうことありますよね。メルマガでは、メールタイトルがキャッチコピーの部分にあたります。短いメールタイトルの中にインパクトが強い単語や内容が含まれていると、ユーザーはどのような内容が書いてあるのか興味を示します。

タイトル冒頭の数文字で判断している

基本的に、メルマガは必ず開いて読まなくてもいいもの、と認識されやすいメールです。そのため、ユーザーがメルマガを開くかどうかの判断に使用する時間はごくわずかしかありません。
その少ない時間の中で、メルマガを受け取ったユーザーが最初に見るタイトル冒頭の言葉は重要な判断材料です。そのため、なるべくインパクトの強い言葉を冒頭に置きましょう。印象が薄い言葉は、不要と割り切って削除してしまうのも有効な手段です。

ユーザー目線の言葉選びかどうかで判断している

メールタイトルで使用する言葉を選ぶ際に、ついつい企業側の言葉を使いユーザーに分かりにくい文章になることはありませんか。ユーザーはパッとタイトルを見た時に自分に有益な情報でなければ内容までは見ません。つまり、ユーザーがすぐには理解できない送り手側目線の専門用語を使っているようなメルマガは、開かれない可能性が高いということです。開封率を上げるためには、メルマガを受けとるユーザーの知識量や好みにあわせた言葉を選ぶことが大切です。

ユーザーが興味をもつメールタイトルにする7つのポイント

メルマガをユーザーに読んでもらうために重要な役割を持つメールタイトルは、ちょっとした微調整を行うことで開封率を高めることができます。そのため、開封率を高めてよりユーザーに読んでもらえるメルマガにしていくには、メールタイトルで興味を惹くことが大切です。
そこで、開封率アップに効果的なメールタイトルを考える時のポイントを7つ紹介します。

1.メールタイトルの中でも先頭の14字に重点を置く

基本的にメルマガのメールタイトルは、30文字前後の長さで構成します。その中でも、人が文章を見た際に一目で処理できる文字数は「14文字程度」ですので、一番伝えたい内容を先頭に入れることがポイントです。

2.記号を使ってメールタイトルを派手にする

「!」や「?」を付けて強調したり、「◆、■」などの目立つ記号をつけたりすることで、他のメールよりも存在感を出すことができます。そうすると、ユーザーの目に付く確率が上がります。
(例:★大感謝セール中★今なら全品お買い得!)

3.読み手の感情を引き出す感嘆詞を入れる

感嘆詞とは、感動した際や感情が高ぶった際に使われる言葉のことです。感嘆詞をタイトルに使用すると、読み手の感情も一緒に高ぶらせる効果があるため、同時に興味も引き出すことができます。

(例:なんとっ!!今なら●●もついてくるキャンペーン中)

4.相手に問いかける内容で関心を誘う

メールタイトルを質問形式にして、ユーザーの関心を誘うことでクリック率のアップに繋がります。また、問いかけられることで、自分に全く無関係な情報ではないと興味をもたせることができます。

(例:ねえ知っていました?●●って実は●●なんですよ!)

5.文章よりもフレーズを並べた構成にする

メールタイトルは、テンポよく読ませることが大切です。一文で全てを伝えるよりも、なるべくテンポよくフレーズを並べて、タイトルを最後まで読んでもらえるような工夫も必要です。あえて1フレーズだけのシンプルな構成にしても、強いインパクトを与えられます。

(例:【無料】期間限定・○○プレゼント【個数限定】)
(例:ついに来ました。)

6.自社ならではのタイトルパターンを作る

メールタイトルの付け方を統一すると、ユーザーが「この件名は●●社からのメールだ」と認識してくれるようになります。また、迷惑メールに紛れてしまうことを防ぐことも可能です。独自性の作り方は、自社独自の記号の使い方をしたり、毎回お決まりのセリフを挟んだりなど様々な方法があります。

7.意外性でインパクトを強める

意外性のあるメールタイトルをつければ、ユーザーに強いインパクトを与えられます。例えば、常識を揺さぶる文章が有効です。「集客は難しい、それは間違いです」といった文章にすれば、「これはどういう意味だろう?」と、興味を持ってもらえます。
また、あえて挑発的な問いかけを取り入れるのも有効なテクニックです。ユーザーの目に入ったときに、ちょうど考えていそうな文章を取り入れてみましょう。
注意すべきポイントは、意外性のあるメールタイトルを何度も送らないことです。繰り返し送ると意外性が薄れてしまうので、ここぞというときに使用することが大切です。
また、大げさで現実離れしているとユーザーに疑いを抱かれてしまう可能性があるため、注意が必要です。あくまで内容に即したメールタイトルをつけましょう。

(例:このメルマガ読まないつもりですね?○○日までに読まないと損します!)

ユーザーが得られるメリットを具体的に伝える

タイトルを読んだ後、次にユーザーが考えるのは「自分にメリットがある記事かどうか」です。そのため、タイトルの中にメリットが書かれていなかったり、分かりにくい内容だったりするとメルマガの開封率は落ちてしまいます。価格内容やセール情報といったユーザーにとってお得な内容は、タイトルでもアピールすることが必要です。

セール情報や価格は冒頭に持ってくると効果的

受け取った相手がお得だと思える「セール実施中」や「●●円」などの記載は、タイトルの冒頭に持ってきましょう。インパクトを与える役割と、メリットを伝える役割をはたしてくれます。

分かりやすくメリットを感じる単語を選ぶ

セール情報の場合は「〇〇%OFF」といった単語をよく目にします。しかし、読み手側からするとどれくらいお得になるのか明確な数字が分からないため、メリットを感じにくいです。
そのため、〇〇%OFFという表記よりは「●●円→●●円になる!?最大〇%OFFセール実施中」などの明確な価格を入れると、ユーザーがメリットを感じやすくなります。数字の他にも、「無料」や「激安」などユーザーの興味を惹きやすい単語を入れるのも有効です。

誰が得をするのかを重視した内容にする

タイトルでは「なぜ」得をするのかという内容よりも、「誰が」得をするのかという内容を意識しましょう。ユーザーにあなたが得をすることを伝えるタイトル付けのほうが、興味をもってもらえるためクリック率も向上します。
また、メルマガを送信する際に、顧客一人ひとりの名前を入れることができる機能も存在します。このような機能も効果的なので有効に活用していきましょう。

ベネフィットをイメージさせる

ベネフィットとは、ユーザーが得る具体的な利益のことです。「どのような問題を解決できるのか」「解決した結果どうなるのか」という点をイメージできるようなメールタイトルは、ユーザーの興味を惹きます。
例えば、「家事の時間を○○分短縮!余った時間で優雅なティータイム」など、ユーザーにとって望ましい未来を描き出します。あるいは、現在抱えている悩みや問題を指摘した内容も有効です。
メールタイトルで問題提起し興味を惹き、本文で問題を解決するという流れを意識しましょう。

緊急性をもたせ早く開封させる

メールタイトルでユーザーの興味を惹くことができても「後で読もう」と判断されてしまうと、そのまま開封されずに忘れられてしまう可能性が高くなります。そのため、メールタイトルを付ける際には、すぐに開封してもらえるように緊急性を出す工夫も必要です。

開封してもらうためには送信から1時間~2時間が勝負

メルマガの開封率は、メールを送信してから1時間~2時間程度でピークを迎えます。1時間~2時間経過後は、どれだけ時間を置いても開封率は低いままです。そのため、「今すぐ開かないといけない」という意識をユーザーに持たせるのも開封率アップのポイントになります。

早く開くことで得をする内容をメールタイトルにする

ユーザーはメールタイトルに「限定〇〇個」や「期間限定」などの単語が入っていると、早くメールを開封すれば得をするという気持ちになります。このように、早く開封することで感じられるメリットが件名にあるとメルマガのクリック率も向上します。

情報の鮮度も早く開封してもらうための重要なポイント

ユーザーは情報の鮮度でも、今すぐ見るべき内容か、後回しでいい内容かを判断します。そのため、このメルマガで配信している内容は新鮮な情報だと伝える必要があります。情報に新鮮味を出すためには「速報です!」や「本日解禁」などのキーワードを含めるのも効果的です。

読まれないメールタイトルの特徴

読んでもらえないメルマガのメールタイトルには、3つの特徴があります。
それに気付かず、うっかり落とし穴にはまってしまっていたという方も少なくありません。
では、どのようなメールタイトルが読まれないメルマガにしてしまうのでしょうか。

1.一人称視点のメールタイトルを付けている

●今までの私は〇〇でした
●私は〇〇で成功しました

上記のような一人称視点で成功するメルマガのメールタイトルは、いわゆるカリスマと言われる、既に成果を出している、または収益を上げている方が発信するものだけです。まだ実績が無い場合には、読者の「注意・関心・興味」を引きつけることができません。実績の無い中で利用できるとすれば、既にファンになっているメルマガ読者に対してのみです。
実績が伴わない場合には、あまり使用しない方が無難でしょう。

●メルマガ通信Vol1
●メルマガ【4月号】

意外にも良く見かけるこのようなメールタイトルは、単純に読みたいと思わない、内容が想像できないといった印象を与えてしまいます。発信者としては定型文化しており、タイトル付けは簡単かもしれませんが、読者がマイナスイメージを持っている以上、メールタイトルにはふさわしくないといえます。

2.他のメルマガと似たメールタイトルを付けている

●〇〇の魅力について調べてみた
●〇〇を成功させる3つの条件

似たようなメールタイトルを使っているメルマガは非常に多いです。読者に「他のメルマガでも見たことがある」「他と似た内容しか配信してくれない」と感じさせ、読む気をなくしている可能性があります。
メルマガの内容に読者にとって大きなメリットがあるとしても、一般的なメールタイトルが原因で、一回も開封されることなく放置されるのは非常にもったいないです。
読者の興味を引きつつ、他のメルマガとの差を広げるために、もう1歩踏み込んだメールタイトル付けをしましょう。

3.あからさまなセールスタイトルを付けている

読者との間に信頼関係ができていない中でのセールスのメルマガは、読者に一番嫌がられるパターンです。
突然、自宅にセールスマンがやって来るのを嫌がる方が多いように、メルマガでも急にセールスのメルマガが届いていい気分になる方はいません。

●10人限定!・・・
●本日〇〇時まで受付・・・

上記のようなセールス表記は、利用を検討している方なら効果がありそうですが、逆に利用しない方にとっては嫌なイメージを与えてしまう可能性があります。
信頼性の低いメルマガだと認識されないように、あからさまなセールスアピールは控えましょう。

メールタイトルの改善はコストをかけずにメルマガの効果を上げる

メールタイトルは、ユーザーが求めているメリットや情報の鮮度を含み、インパクトを与える内容にすることで開封率が向上します。また、メールタイトルを改善するのにコストはかかりません。そのため、コストゼロでより大きな効果を得られる件名の工夫は、企業が最初に取り組むべき対策だと思います。 ユーザーの心を掴むメールタイトルを付けることができれば、メルマガを最後まで読んでくれる人が増えるため、より集客率を高められるでしょう。

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク