お役立ちコラム

HTMLメールとテキストメールって何が違うの?お互いのメリット・デメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HTMLメールとテキストメールって何が違うの?お互いのメリット・デメリットとは

スマホの普及によりメールマガジン配信には欠かせないものになりつつある「HTMLメール」。しかし、文章だけで作られた「テキストメール」と何が違うのでしょうか?HTMLメールの特徴と、押さえておくべき活用ポイントについて紹介します。

HTMLメールとテキストメールの違い

「テキストメール」と「HTMLメール」との違いは、「文字だけで書かれている」または「文字以外の指定もできるか」というところにあります。テキストメールは、文字だけで書かれたメールであるため、データ量が軽く、どの画面でも見やすいかわりに、シンプル過ぎてメールマガジンなどの広告には向かないことがデメリットです。
一方でHTMLメールは文字の色やサイズを指定することができ、さらに画像や動画の挿入など、文字以外の情報でも顧客にアプローチすることができます。ガラケーが主流だったころは、容量が重い、画面によっては文面が崩れやすい、などといったデメリットもあり敬遠されていたのも事実です。
しかし、現在ではスマートフォンの普及により、HTMLメールを受けとることは一般的になりました。

HTMLの構造をまずは理解する

HTMLメールを作成する際は、その構造を理解することが大切です。ここでは、HTMLメール作成時に注意したい9つのポイントをご紹介します。

1.DOCTYPE宣言を忘れずに

まずは、作成するメールがHTML形式であることを示すために、ドキュメントタイプを定義します。これをDOCTYPE宣言または文書型宣言と言います。HTMLメールのDOCTYPE宣言には、テーブルレイアウトが使える「HTML 4.01 Transitional」を使用するのが一般的です。冒頭でDOCTYPE宣言を行ってから、各種タグを使ってコーディングしていきます。

2.テーブルレイアウトでの構成が基本

メールソフトによって、解釈するCSSは異なります。閲覧環境の違いによる表示崩れを防ぐためにも、HTMLメールはテーブルレイアウト(table要素)で構成するのが基本です。逆にフルCSS形式でコーディングした場合、一部のメールソフトで正しく表示されません。

3.CSSは埋め込み形式がおすすめ

書式設定などを行うCSSは、headタグ内に記述する埋め込み形式をおすすめします。スマートフォンやタブレットが普及した今、レスポンシブデザインに対応する埋め込み形式が主流となっています。

4.フォントサイズの一括指定は避ける

fontタグを使用することで、メール本文のフォントを一括指定できます。ただし、フォントプロパティの一括指定に対応するメールソフトが少ないため、基本的には使わないことをおすすめします。

5.DIVタグの使用は控える

一般的なWebサイト制作では、段落の表現にDIVタグを用います。しかし、HTMLメールにおいては使用を控えてください。なぜなら、メールソフトによって、DIVタグを起因とする表示崩れが起きる可能性があるからです。これはブロックを表現するPタグも同様です。

6.メールサイズはできるだけ小さくする

メールサイズは100KB以内に収めるのがベストです。なぜなら、100KB以上のメールを送信する場合、一部のメールソフトはコンテンツ内容を省略(クリッピング)する仕様となっているためです。
例えば、Gmailでは102KBを超えるメールは全文表示されず、「メッセージ全体を表示」というポップアップのみ表示されます。それをタップすると、別ウィンドウに全コンテンツがされる仕組みです。
メール受信者の多くは、アプリ内で閲覧が完結すると考えます。上記仕様からHTMLメールは全表示されないため、メール受信者のコンテンツ離脱率が上がることも考えられます。
元よりHTMLメールは容量が大きくなりやすい傾向にあります。送信前にサイズを確認してください。

7.メールの横幅はデバイスごとに設定する

HTMLメールをレスポンスデザインに対応させる場合、メールの横幅はデバイスごとに設定します。通常、パソコンであれば600px程度、スマートフォンは端末画面の横幅に合わせる100%指定で設定します。レスポンスデザインに対応させない場合は、500px程度に設定すると視認性が良くなります。

8.一部のメールソフトでは行間が広くなる?

メール本文の行間を指定するmarginタグですが、一部のメールソフトはサポートしていません。特に知られるのはOutlookとHotmailです。致命的な問題ではありませんが、これらのメールソフトで閲覧すると、通常よりも行間が広くなると覚えておいてください。

9.ブラウザ用のHTMLファイルを準備

HTMLメールの表示崩れ対策として、ブラウザ表示用のHTMLファイルをアップロードしておきます。メール冒頭に「メールが正しく表示されない方はコチラ」とテキスト記述し、そこにHTMLファイルのハイパーリンクを埋め込みます。

HTMLメールのメリット・デメリット

HTMLメールのメリットとデメリットは以下のとおりです。

HTMLメールのメリット

1.デザイン性豊かなメールを作成できる

画像や図表など具体的なイメージを使用できる広告チラシのような「華やかなメール」を作成できることがHTMLの最大のメリットと言えるでしょう。商品・サービスの画像、使用によるメリットなどを効果的に表すことができるHTMLメールは、企業の広告に欠かせない要素になっていると言っても過言ではありません。

2.文字色、文字サイズなどを変更して見やすくできる

画像だけではなく、文字が細かく調整できることもHTMLメールのメリットです。配色やサイズも変更することで、さらに効果的にユーザーに訴えかけることができます。ユーザーを飽きさせずに継続的に購読してもらうことが重要なメールマガジンでは、読みやすさも大切な指標となっています。

3.Webページへの導入がしやすい

メールマガジンは、そこに書かれた情報だけでユーザーに興味を持ってもらうことも重要ですが、広告ページへの誘導も重要な役割です。Webページに近いデザインを作ることができるHTMLメールは、そのまま自社ページへアクセスしやすくなる効果も期待できます。

4.メールの開封状況が計測できる

これもHTMLメールを利用することで得られる大きなメリットです。HTMLメールでは送ってから開封されたかどうかを、チェックすることが可能です。そのため、どれだけのユーザーがメールの内容に関心を持ったか、ということが調べやすいというメリットがあります。
このようにHTMLメールには多くのメリットがありますが、テキストメールにもHTMLにはないメリットがあります。次はテキストメールの特徴を紹介します。

関連記事はこちら【担当者必見!】実は奥が深いメルマガの作り方と便利な作成ツールについて

HTMLメールのデメリット

1.データ容量が重く、開くまで時間がかかる場合がある

HTMLメールは、画像や図表などを取り入れてデザイン性に優れたメールを作成できる一方で、データ容量が重くなることがあります。ユーザーにメールが届いても開くまでに時間がかかったり、最悪の場合は開かなかったりする可能性があるため、HTMLメールは容量が過度に重くならないよう配慮しながら作成することが大切です。

2.端末環境によっては、レイアウトが崩れることがある

HTMLメールには、ユーザーの端末環境によってはレイアウトが崩れる可能性があるというデメリットもあります。「画像を挿入したのに表示されない」「きれいにデザインしたのに崩れている」といったトラブルを防ぐためには、あらかじめ複数の端末に送信して、どのように表示されるかを確認することが大切です。

テキストメールのメリット・デメリット

スマホの普及により、昔よりもHTML形式のメールを受信できる環境が一般的になりました。しかし、だからといって、テキストメールに活躍の機会がなくなったというわけではありません。ここでは、テキストメールのメリットとデメリットについてご紹介します。

テキストメールのメリット

1.作成に専門的な知識やツールは不要

文字を入力するだけで済むので、簡単に作成できることがテキストメールのメリットです。
HTMLメールは自分でコードを書くか、扱いやすいメール作成ツールを導入する必要があります。
しかし、テキストメールを配信するだけなら、これらを用意する必要がありません。

2.受信者のメールソフトを気にしなくていい

一般的になってきたとはいえ、すべてのメールソフトがHTMLメールに対応しているというわけではありません。非対応のメールソフトを使用していたり、現在でもガラケーなどの端末を使用していたりする場合、HTMLメールを閲覧することはできません。

3.文字化けや文面が崩れるといった心配が少ない

HTMLメールに対応していても受信側の環境やメールのレイアウトによっては、正確に表示されない恐れがあります。その反面、文字のみで書かれたテキストメールはその心配が少ないと言えるでしょう。そのため、様々な受信環境を想定して安定性を求めるなら、テキストメールでの作成がおすすめです。

4.セキュリティで弾かれにくい

HTMLメールは、登録者を対象にしたメールマガジンの他にも、無差別に送信されるスパムメールなどにも使用されています。そのため、プロバイダやユーザーのセキュリティ設定によっては、HTMLメール自体をブロックしていることもあるのです。
テキストメールは、こうした心配がないため、セキュリティに弾かれにくいこともメリットとなっています。

このようにテキストメールにもHTMLとは違ったメリットがあります。それではHTMLメールとテキストメールは、どのように使い分けると良いのでしょうか。次は配信の効果を高めるメールの作成方法を紹介します。

テキストメールのデメリット

1.ユーザーに読んでもらえない可能性がある

文字だけで情報を届けるテキストメールは、HTMLメールに比べて視覚的に訴求することが困難です。そのため、ユーザーに最後まで読んでもらえない可能性があります。文字だけでも視覚的に楽しんでもらうためには、記号や罫線を使って区切り線を取り入れるなどして、工夫を施すことが大切です。

2.開封率を測定できない

開封率を測定するためには、メールにタグを埋め込む必要があります。なぜなら、メールの開封とともにタグがダウンロードされることではじめて「メールが開封された」と認識されるためです。そのため、タグを埋め込まないテキストメールでは、開封率を測定することができません。

HTMLメールは見栄えを良くするほど効果が下がる?

HTML形式のメールは見栄えがよく、視覚情報を相手に伝えやすいメリットがあります。
しかし、デザインにこだわれば必ず効率が上がるというわけではないようです。重要なポイントを押さえておかなければ、効果が下がってしまうこともあります。ユーザーの購買意欲により訴えかけるために、メール配信のポイントを確認していきましょう。

メール配信の効果を高めるポイント

1.見やすさ、読みやすさを重視する

多くの情報を盛り込むことができるメルマガでは、ついつい情報過多になりがちです。
特に画像やレイアウトの指定ができるHTMLメールなら、なおさらのことです。
しかし、メルマガを受けとる側では画面が小さかったり、すべてを読む時間がなかったりします。
そのため、要点を押さえて分かりやすいデザイン・文章を心がけましょう。

2.配信元と送信目的を分かりやすくする

これも意外に見落としがちなポイントです。内容は分かりやすくしたつもりでも、誰からの配信なのか、何の目的かがすぐに分かりづらいということも多いのです。ユーザーの環境によっては、メルマガなのかスパムなのかを瞬時に判断できないこともあります。
メルマガを配信するときは、一目でどこから送られてきたのか分かるようにしておきましょう。

3.HTMLとテキストを両方配信する

メルマガを配信するとき、一人ひとりのユーザーの状況を確認することは大変に困難です。
そのため、どちらでも見られるように両方とも配信することが重要なのです。
さらに、HTMLメールのみの配信だと、メールソフトに怪しいと判断されることが多いというデメリットもあります。メール配信ツールには、HTMLとテキストの両方を作成・送信できる機能を持ったものが多いので、手間をかけずに配信することができます。

HTMLとテキスト、それぞれの活用方法

それぞれメリットのあるHTMLとテキストは、どのように使い分けると良いのでしょうか?それぞれの特徴を基にして、メールをさらに快適に活用するための使用例を紹介します。

ケース1.BtoBや1対1のやり取り

対応の早さと正確さが重要になる1対1での連絡なら、テキストメールがおすすめです。
凝った作りのHTMLメールは作成時間もかかり、相手も確認に時間を取られます。そのため、短期間に何度もやり取りをすることには向いていません。
もしも、1対1のメールで画像や図表で示したい場合は、資料として添付しましょう。

ケース2.多数の相手に概要を伝える、開封状況を把握したい

メルマガの定期配信やイベントの告知などの場合は、HTMLメールがおすすめです。
HTMLメールは多くの情報を盛り込むことができるため、商品情報の紹介や購買意欲を高めることに適しています。
またイベントの開催告知にも、HTMLメールが適しています。多くの相手に詳細を送ることができ、開封率から参加人数を絞り込みやすいため、事前に大まかな参加人数や傾向を予測することが可能です。

HTMLメールが利用できるおすすめのメール配信サービス5選

HTMLやCSSの知識がない方は、メール配信サービスの活用をおすすめします。以下でご紹介するサービスは全て、HTMLメールのエディタ機能を備えています。ドラッグ&ドロップ操作で画像ファイルを挿入したり、すぐに使えるテンプレートを用意していたりするため、初心者でもインパクトのあるメールデザインに仕上がります。気になるメール配信サービスが見つかったら、すぐに資料請求してみましょう。

WiLL Mail

WiLL Mailは「ASPICクラウドアワード2015」にて先進技術賞を受賞したメール配信サービスです。本サービスの特徴として、小見出しや画像ファイルなどをドラッグ&ドロップ操作で挿入できる点が挙げられます。ソースコードの記述が必要なく、直観的な操作でHTMLメールを作成できるのが魅力です。

配配メール

弊社が運営するメール配信、一斉メール送信サービスです。配配メールは、ドラッグ&ドロップ操作の「HTMLメールエディタ」を搭載しています。これにより、画像や文字ブロックを配置するだけで、簡単かつ自由なメールデザインを可能とします。またレスポンシブ対応したHTMLメールの作成、テキストメールとHTMLメールを表示わけするマルチパート配信なども可能です。

Zoho Campaign

Zoho Campaignはメルマガやステップメールの配信、および作成ができるメール配信サービスです。操作性に優れたメールエディタを搭載しており、プロ仕様のHTMLメールが簡単に作成できます。なお、月12,000通、最大2,000人までなら無料で利用可能です。

Benchmark Email

Benchmark Emailは全世界で50万社以上の導入実績がある米国発のメール配信サービスです。ドラッグ&ドロップ操作がメインのHTMLメールエディタを搭載しているほか、500種類以上のデザインテンプレートを利用できます。テンプレートはカスタマイズできるため、用途に応じてアレンジすると良いでしょう。

Cuenote FC

Cuenote FClは業界トップクラスの配信速度を誇るメール配信サービスです。HTMLメールを簡単に作成できる高機能エディタを搭載しており、初心者の方でも容易に扱えるでしょう。注意点として、本サービスの最低契約期間は6ヶ月間となります。事前にデモ版を試してから、製品版に移行することをおすすめします。

HTMLメールについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事はこちらHTMLメールの送信方法と注意点とは?Gmailなど各種メーラーについて解説

メール形式は用途に合わせて使うのが効果的

メール配信は、配信者と受信者をつなぐ重要な役割を担っています。そのため、配信する側の手間や伝えたい情報を考慮することは当然として、受けとる側の利便性に配慮することが大切です。送ることが目的ではなく、読んでもらうことであることを意識して、受けとる側にとって最適な方法を選んで使用しましょう。

テキストとHTMLの用途に合わせた使い方についてより詳しく知りたい方は、こちらのページをご参照ください。

関連記事はこちらテキストメールとHTMLメールの違いとは?目的に応じて使いわけるコツ

信頼と実績のメール配信サービス配配メール

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ