メール・メルマガ配信サービスの【配配メール】ホーム > コラム > 【担当者必見!】実は奥が深いメルマガの作り方と便利な作成ツールについて

【担当者必見!】実は奥が深いメルマガの作り方と便利な作成ツールについて

HTMLのメルマガは画像を貼り付けられるため、テキストだけのメルマガよりも分かりやすく情報を顧客に届けることができます。顧客の開封率も計測できるため、マーケティングの改善にも役立ちます。ただし、どれだけマーケティング効果がすばらしいものであったとしても、メルマガの作り方の基本をないがしろにしてしまっては高いマーケティング効果は見込めません。メルマガの開封率が低かったり、退会者が続出したりといったトラブルが起こる場合には、一度メルマガの作り方の基本から見返してみることが大切です。
今回は、メルマガ作成時に忘れてはならない大切なポイントと、HTMLのメルマガ作成を手助けするおすすめツールをご紹介します。

HTMLのメルマガ作成時に意識するポイント

マーケティング効果の高いメルマガを作成するためには、作り方の基本である以下の3点を意識することが大切です。

1.ターゲット

マーケティング効果の高いメルマガを配信するためには、常にメルマガを送信する相手(ターゲット)を意識してメールを作成することが大切です。ターゲットを無視してメールを作成してしまうと、ターゲットの興味や関心に訴えかけられないメルマガが出来上がってしまいます。そのようなメルマガを配信しないためにも、ターゲットの分類からしっかりと行いましょう。ターゲットの年齢や性別、職業だけでなく、メルマガに登録した経緯などもしっかりと情報化すれば、よりターゲットの興味や関心に訴えかけられるメルマガを作成できます。

2.メルマガを配信する目的

ほとんどの企業では、メルマガの作成を決定した際に「このメルマガを配信したことで達成したい目標」を決定しています。マーケティング効果の高いメルマガを作成するためには、その目的を常に意識してメルマガを作成しなければなりません。定めた目標によって、メルマガの本文の構成や内容も異なるからです。例えば、売上を伸ばすためにリンクをクリックしてもらうことを目標として定めたのにもかかわらず、メルマガの本文内でリンクを分かりづらい位置に配置してしまうと、その目標の達成が困難になってしまいます。
この問題は、目標を決定する人とメルマガの本文を作成する人が異なる場合に頻発する傾向にあります。メルマガ作成に携わる人たちが全員で目標を共有するために、意思疎通を徹底することが大切です。

3.受信環境

HTMLメールは受信環境によっては表示がズレたり、見え方が変わったりするため、配信する前には表示を確認する必要があります。かつてはパソコンがメールを確認するための主流の手段だったためパソコンからHTMLの表示の確認をすればよかったのですが、現在ではスマートフォンや他のデバイスの出現により受信環境が多様化しています。それゆえすべての受信環境での表示チェックは負担が大きいため、確認は主に利用されているデバイスを重点的に行うという選択肢もあります。
需要のあるデバイスの選択によって、メルマガ配信の成功が決まるといっても過言ではありません。情報を集めて、定期的に確認することが大切です。

HTMLのメルマガ作成時に役立つツール

初めてHTMLメールを作成する場合やHTMLの知識が乏しいけれどもメールを作成したい場合には、ツールを用いて作成してみましょう。その際には、上述した作り方の基本をしっかりと踏まえて、作成することが大切です。以下では、メルマガを作成する際に使用したいツールを、用途ごとに取り上げます。

1.HTMLメール作成ツール

Template Builder

Template Builder は100種類以上ものHTMLメール用のテンプレートを取り扱っており、そのどれもが無料でダウンロード可能なツールです。そのテンプレートに沿って作成すれば、プログラマーやデザイナーでなくても1分程度でHTMLメールを作成できます。

Campaign Monitor

Campaign Monitorは、メールマーケティングに役立つ機能が備わったHTMLメールの作成ツールです。たくさんのHTMLメール用のテンプレートやメール配信機能、表示確認に役立つプレビュー機能、さらにはPDCAに役立つレポート機能まで備わっています。すべての機能を使うためには毎月9ドル支払う必要がありますが、その出費に十分見合うサービスが利用可能です。

Mail Chimp

Mail Chimp は、Campaign Monitorと同等の役立つ機能を備えています。大きな特徴としては、モバイル用のアプリがあるため、いつでもどこでもレポートを確認できる点です。すべての機能を使うために支払う費用は、月額10ドルです。

Scratchpad

Scratchpadは、HTMLについて知識のある方におすすめできる作成ツールです。完成プレビュー画面を見ながら、HTMLを作成できます。HTMLを打ち込むたびに完成プレビュー画面にリアルタイムで反映されるため、ミスの確認やちょっとした修正も容易に行えます。

2.表示チェック用ツール

Subject Line Checker

Subject Line Checkerは、メルマガが顧客に届いたときの受信トレイのイメージを主要なメールサービスごとに表示するツールです。件名を入力することでイメージが表示され、それを見ながら顧客を惹きつけやすい件名かどうかの確認ができます。

Litmus Email Previews

Litmus Email Previewsは、Subject Line Checkerの機能に加えて、メール本文のイメージまで表示するツールです。イメージの表示には時間を要しますが、テスト送信する時間と比較すれば短時間で済みます。

3.画像編集用ツール

Photoshop Express

Photoshop Expressは、アドビシステムズ社が提供しているサービスです。オンラインで提供されているため、アカウント作成やパソコンへのインストールは必要なく無料で使用できます。レタッチ程度であれば、このサービスで十分です。

Pixlr editor

Pixlr editorは、充実した機能と抜群の使いやすさで人気の高い画像編集サービスです。オンラインで提供されており、無料で使用できます。

JPEGmini

JPEGminiは、画像軽量化用のオンラインサービスです。軽量後の画像を元の画像と比較してみても、劣化がほとんど見られない点が大きな特徴です。

4.スパムチェック用ツール

Email Spam Test

Email Spam Testは、スパムメールと判定されないように作成した本文をチェックするツールです。テキストメール、HTMLメールどちらにも対応しています。

メルマガ作成のまとめ

HTMLのメルマガは、HTMLの知識がなくともツールを用いれば簡単に作成できます。テキストのメルマガよりも分かりやすく顧客に情報を提供できるため、効果的なメールマーケティングを見込めます。ただし、メルマガの内容がターゲットに合っていなかったり、配信する目的から外れていたりすると、高いマーケティング効果は見込めません。また、メルマガのHTMLの表示がズレていたら、読まれることはあまりないといえます。
どのような方式のメルマガであっても、作り方の基本に忠実に作成することが大切です。今回ご紹介した内容を踏まえて、マーケティング効果の高いHTMLのメルマガを作成してみましょう。

お役立ちコラム一覧はこちらから

何度送っても定額だから安心

配配メール関連サイト情報

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク