お役立ちコラム

「結局MAツールって何を使えばいいの…?」MAツール比較5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「結局MAツールって何を使えばいいの…?」MAツール比較5選

多種多様なマーケティングオートメーションツール(以下、MAツール)が登場した今、その選定に悩まされる担当者は少なくありません。これからMAツールの導入を検討する方は、顧客導入実績の多い主要製品からチェックしてみてください。本記事では、当サイトおすすめのMAツール5選に加え、従来のツールとは異なる新しい選択肢をご紹介します。

今ならMA調査資料をプレゼント

関連記事はこちらMAツールってどれがいいの? 比較の際に考えるべきポイントをご紹介

MA(マーケティングオートメーション)とは

MAは、集客や販売促進、顧客管理などのマーケティングプロセスを自動化し、企業のマーケティング活動を支援するツールです。主な機能としてリード管理(見込み顧客管理)、リードジェネレーション、ユーザーログの収集および分析、見込み客のスコアリング、メール配信機能を備えています。
一般的なマーケティングプロセスの大部分を自動化できますが、それには人間側が設計したシナリオが必要です。導入を検討する際は、各ツールの基本機能に加えて自動化できる部分、自動化できない部分を理解しておくことをおすすめします。

詳しくはコチラ

関連記事はこちらMA・SFA・CRMの違いって?各システムの連携で生まれるメリットも解説

MAツールを導入するメリット

インターネットの普及などにより顧客の購買行動は変化・多様化しています。そのため、マーケティングの手法も複雑になりました。
かつてマーケティングは人の手で行われてきました。現在はマーケティングに求められる要素が増え、手法が複雑化して工数も膨大になったため、人の手によるマーケティングには限界が生じるようになりました。
そのような背景から、マーケティングに関する業務を自動化できるMAツールを導入する企業が増えています。

MAツールの最大のメリットはマーケティング業務の自動化ですが、それ以外にもいくつかポイントがあります。
中でも大きいのが、マーケティングの精度を高められる点です。人の手で作業を行うと、どうしてもミスが発生するリスクがあります。それに対して、システムであればミスのリスクはほとんどなく、高い精度でのマーケティングが可能になります。
マーケティングでは、わずかなデータのズレなどが最終的に大きな歪みとなってしまうケースも少なくありません。そのため、高精度なMAツールとマーケティングは非常に相性が良いと言えます。

MAツールの活用方法

MAツールにはいくつかの活用方法がありますが、メインは見込み顧客の創出・育成・分類・管理です。中でも特に重要なのが顧客の育成です。マーケティングの世界ではリードナーチャリングとも呼ばれており、顧客の状況や嗜好などに合わせて適切なコンテンツや情報を提供することで見込み度合いを高めます。
近年では顧客の購買行動が変化・多様化していることからマーケティングにおいてリードナーチャリングが重要視されています。

「BtoB」向けと「BtoC」向けの特徴

MAツールは「BtoB」向けと「BtoC」向けがあり、自社のメインとなる顧客が法人なのか個人なのかによって使い分けることが大切です。
これらの最大の違いは、一元管理できるリードの数です。「BtoB」向けのものは1万件程であるのに対して、「BtoC」向けのものは10万件以上の管理が可能です。
せっかく多機能なMAツールを導入しても、自社のビジネススタイルやメインとなるターゲットに合っていないと十分に機能しないため、適切なツールを選ぶことが重要です。

おすすめのMAツール5選

ここでは、当サイトおすすめのMAツール5選をご紹介します。各ツールの特徴をしっかりと抑え、比較検討してみてください。

B→dash

B→dashは、フロムスクラッチ社が提供するデータマーケティングに特化したMAツールです。企業が扱う全ての情報を一元管理し、マーケティングに活用可能なデータセットを作成できます。
最大の特長は、従来のMAツールよりも精度の高いセグメンテーションができることです。広告や基幹システム、Webアクセス、購入データなどの一本化された情報に基づき、顧客一人ひとりに適したアプローチを行います。本ツールを導入すれば、近年重視されるOne to Oneマーケティングの実現も容易です。

非常に多機能なツールで、企業ニーズに合わせた複数の機能およびサービスを実装しています。代表的なのが、クロスチャネルによるコンテンツの自動配信機能です。これにはメールやSNS、スマートフォンのプッシュ通知といったチャネルを活用します。個々が好むチャネルで自由に配信でき、顧客層にマッチするマーケティングを展開できます。
また本ツールは、GUI操作でデータが扱えるData Paletteというテクノロジーを採用しています。SQLなどの知識を必要とせず、データ管理に疎いマーケターでも操作できるのが特長です。無論、MAツールの導入を初めて導入する場合も問題ありません。MAツールやマーケティングに精通したプロフェッショナルが、自社のデータ活用法に合わせてサポートします。

Pardot

Pardot(パードット)は、Salesforce.com社が提供するMAツールです。日本国内で最も顧客導入実績の多いツールであり、豊富な支援機能で企業のマーケティング施策を強化します。
最大の特長は、世界トップシェアを誇る営業支援システム、Sales Cloudとの連携がスムーズな点です。どちらもSalesforce.com社が手がけるセールスツールで、見込み顧客の獲得からコンバージョンまでのプロセスをトータルサポートします。
本ツールは、5つのマーケティング機能を搭載しています。まず挙げられるのが、トラッキング機能です。予め埋め込んだトラッキングコードにより、ユーザーのWebページの閲覧状況を追跡できます。スコアリングにも対応するため、自社サイトに訪れたユーザーの“見込み度”を数値化し、後の施策に活かすことができます。

リストからの一斉配信や開封率、クリック数を計測するメール機能も備えています。とりわけHTMLメールの作成機能が充実しており、専門知識不要で美しいデザインのメールを作成できます。このほか、広告ページを簡単に作成できるLP(ランディングページ)機能、ROI(投資利益率)を“見える化”するレポート機能、既存ツールと連携が容易なサービス連携機能があります。

Oracle Marketing Cloud

Oracle Marketing Cloudは、データベース領域で地位を確立したOracle社が提供するクラウド型マーケティングプラットフォームです。世界各国で2,800社以上の顧客導入実績があり、4つのソリューションによるシームレスな連携で一貫性のあるカスタマーエクスペリエンスを提供します。

Oracle Marketing Cloudは、BtoB向けMAツールのEloqua、BtoC向けMAツールのResponsys、DMP(データマネジメントプラットフォーム)のBlueKai、検索エンジン最適化ツールのMaxymiserといったソリューションで構成されます。製品群を包括する2つのMAツールについて、EloquaとResponsysは顧客の捉え方と購入プロセスの方向性に違いがあります。

Eloquaは顧客を「群」で捉え、長期的な購入プロセスを経てコンバージョンへと誘導します。一方のResponsysは、顧客を「個」で捉えるツールです。顧客ステータスを細かく管理し、パーソナライゼーションに特化したマーケティングが展開できます。

Adobe Marketing Cloud

Adobe Marketing Cloudは、クリエイティブツールの領域で有名なAdobe Systems社が提供するクラウド型統合プラットフォームです。MA機能を搭載したAdobe Campaignをはじめ、高機能アクセス解析ツールのAdobe Analytics、体験中心型DMPのAdobe Audience Managerなど、計8つのソリューションでデジタルマーケティングの基盤を構築します。

同プラットフォームは、複数のソリューションを組み合わせることで真価を発揮します。例えば、MAツールのAdobe CampaignとDMPのAdobe Audience Managerを連携する場合です。Adobe Audience Managerには、顧客動向から一人ひとりの特徴を判別し、近い行動特性を持つユーザー同士をグループ化する機能があります。具体的には、「旅行が好き」「都内在住」「既婚者」などに括り、“グループ属性”という形でセグメントわけします。

Adobe Campaignは、Adobe Audience Managerが分類したグループに対し、メールの一斉配信が可能です。各グループの特性に基づいたコンテンツにすることで、通常のメール施策よりも効果的なアプローチができるようになります。

Marketo Engage

実は、2019年3月に、上述したAdobe Marketing Cloudと統合されています。現在は、Adobe Marketing Cloudを構成するエンゲージメントプラットフォームとして、リードマネジメントやABM(アカウントベースドマーケティング)などの機能を提供しています。
もともと、Marketo Engage(マルケトエンゲージ) は、マルケト社が開発したMAツールで、全世界で5,000以上の顧客導入実績を誇っています。顧客エンゲージメントにフォーカスした設計となっており、自社が抱える顧客に最適なタイミングで、適切なコンテンツを配信する環境づくりを支援します。

本ツールでユニークなのは、65,000人以上のMarketo Engageユーザーが全世界でコミュニティを形成していることです。業種や企業規模に関わらず、さまざまユーザーが交流し、情報交換を行っています。なお、日本国内では2,000人以上のユーザーがコミュニティに参加しています。

MAツールの導入が不安な場合は?

「MAは導入ハードルが高い。かといってエクセル管理はちょっと……」という方には、配配メール のメールマーケティング特化プランである Bridge をおすすめします。本サービスは、メール配信ツールとMAツールを繋ぐ架け橋のような存在です。ホットリード抽出やトリガーメールなど、計4種類の機能で自社のメールマーケティングを支援します。

MAツールはハイスペックかつ多機能なものが多く、導入ハードルも高めです。安易に導入すると、思うような成果が得られない可能性があります。対する Bridge は、運用にあたる細かい設定が不要です。マーケターの少ない企業においても、最小限のリソースで運用を続けられます。MAツールへ本格移行する前に、まずは Bridge を運用してメールマーケティングの“勝ちパターン”を確立してみてください。

関連記事はこちらマーケティングオートメーションツール導入時の問題を解消

まとめ

MAツールは、企業マーケティングにおける強力な武器となります。適切な運用さえできれば、この上ない成果を生み出します。しかし、多機能ゆえに導入ハードルが高かったり、導入コストが高額だったりするのは事実です。もし導入に不安のある方は、 Bridge のようなサービスも視野に入れてください。自社にMAツールを導入する利点は何なのか、今一度検討すべきです。

MAの実態が分かる導入・検討に関する最新調査レポートをプレゼント!

何度配信しても定額のメール・メルマガ配信サービスは「配配メール」

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~18:00 (土日祝日除く)

ページトップへ