見込み顧客を見える化する

見込み顧客を見える化する
メールマーケティング特化プラン『Bridge』

マーケティングオートメーションツールを使ってメールマーケティングを成功させるためには、
見込み顧客の「温度感に合わせた適切なセグメント」と「最適なアプローチ」が欠かせません。

『配配メールBridge』は、メール配信サービスとマーケティングオートメーションツールの架け橋となり、
いま営業が接触すべきお客様を見える化し、勝ちパターンと呼べるアプローチ方法を見つけ出すためのプランです。

マーケティングオートメーションツール導入時の問題を解消

マーケティングオートメーションツールは多機能ゆえに設定などの作業量も多く、販促担当が兼務か少人数さらには低予算だと、
成果はもちろん運用も難しくなります。「Bridge」ではこういった多くの課題を解決します。

  • 課題

    MAツールを検討したいが
    導入ハードルが高い

    MAツールを検討したいが複雑で導入ハードルが高い

    Bridgeなら!

    細かな設定いらず
    メール配信から見込み顧客をラクラク発見

  • 課題

    業務を兼任しておりMA
    運用の時間が取れない

    業務を兼任しておりMA運用の時間が取れない

    Bridgeなら!

    機能を厳選しているため
    簡単設定ですぐに運用開始

  • 課題

    予算が限られて高額な
    MAツールを検討できない

    予算が限られて高額なMAツールを検討できない

    Bridgeなら!

    月額5万円~の導入で
    ミニマムスタート

  • 課題

    検討顧客の行動を基に
    メール配信を行いたい

    簡単設定で運用開始までのリードタイムを短縮

    Bridgeなら!

    WEBページ来訪者を
    自動フォロー

Bridgeが選ばれる理由

マーケティングオートメーションツールを使ってメールマーケティングを成功させるためには、
見込み顧客の「温度感に合わせた適切なセグメント」と「最適なアプローチ」が欠かせません。
Bridgeプランでは、これを"もっと効果的に。もっとラクに。"実現します。

  • 見込み顧客を見える化

    見込み顧客を見える化

    ホットリード抽出&配信

    温度感に応じた顧客リストの抽出やメール開封・クリック、WEBアクセスに即した配信ができます。

  • 短時間で運用開始

    短時間で運用開始

    自動配信のトリガー設定も簡単

    短時間で運用が開始できるように、初期設定がシンプルかつ簡単。手厚いサポートも行います。

  • 低予算で運用可能

    低予算で運用可能

    低予算で無理なく効果を出せる

    通常のMAツールと比較して低予算でご利用頂けます。本格的なメールマーケティングの第一歩に最適です。

見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」

メール配信サービスから
マーケティングオートメーションツールへの架け橋に

メールマーケティングを本格化させるにあたり、
「メール配信サービス」から「マーケティングオートメーション」へ移行するために、
顧客アプローチの勝ちパターンの発見が必要になります。
「Bridge」はこの勝ちパターン発見を4つの機能で支援することで、両ツールの架け橋の役割を担います。

ホットリード抽出

メールを配信した結果、開封した/クリックしたユーザーをリスト化できます。
検討意欲の高い見込み顧客を見える化することで、その後のアプローチ優先度が明確となり、効果的かつ効率的な販促活動を行えます。

ホットリード抽出

トリガーメール

メール配信をきっかけとして指定したWEBページに来訪した顧客へ自動でメールを配信できます。来訪ページに適した訴求を自動で配信することで、手間無く見込み顧客をフォローできます。
また、誰がページに来訪したかを通知できるので、顧客への即時フォローも可能です。

トリガーメール

ステータス自動変更

メール配信後の開封やクリックを基に顧客レコードのステータスを自動変更できます。ステータスは、配信リストの抽出条件に使えたり、複数のステータスに同じメールを送れるなど、柔軟なセグメント配信を実現します。

ステータス自動変更

シナリオメール

メール配信後の開封やクリックを基に指定のステップメールプランに顧客レコードを自動で移動します。
メールへの反応をきっかけに、次点のフォロー方法を振り分けられます。

シナリオメール 見込み顧客を見える化するメールマーケティングサービス「配配メールBridge」
ページトップへ