導入事例

株式会社 エスキュービズム様の導入事例

ECサイトの構築からスタートし、今やAI、ロボティクス、VRやARなどの最新技術を基盤に、小売向けに様々なソリューション提案を行うエスキュービズム社。独自のフレームワークである「エスキューフレームワーク」の枠組みの中で、VRコマースや動画コマース等、これから世の中に浸透すると見られる最新技術を敏感に察知し、積極的な開発、提案を行っている。

株式会社 エスキュービズム様

  • 情報通信・システム
  • 教育・啓蒙
  • 顧客関係性UP

必要な機能だけが無駄なく揃っている直感操作でスムーズな配信が可能に

株式会社エスキュービズム マーケティング本部 デジタルマーケティング推進部
飯田健一 様  小島志乃 様

はじめに

ECサイトの構築からスタートし、今やAI、ロボティクス、VRやARなどの最新技術を基盤に、小売向けに様々なソリューション提案を行うエスキュービズム様。これから世の中に浸透すると見られる最新技術を敏感に察知し、積極的な開発、提案を行っており、その中で察知した最新技術や情報を、「ECのミライを考えるメディア」「店舗運営の未来を考えるメディア」といった複数のオウンドメディアを通じて、広くエンドユーザーに向けて発信していらっしゃいます。今回は、自社でBtoB向けオウンドメディアを運営されているマーケティング本部 デジタルマーケティング推進部の飯田様と小島様にお話をお伺いしました。


【エスキュービズム社のメール配信とは?】週一回メルマガを配信、「いつも読んでいますよ」という声を頂くことも

どのようなメール配信をされているのでしょうか。

過去に名刺交換をした方、展示会やセミナーにご参加いただいた方、また弊社のサイトへ問い合わせや資料ダウンロードを行っていただいた企業のご担当者様に、 週一回の頻度でメールを配信しています。

内容としては、Eコマース や小売りに関する最新技術や情報の発信メディア「ECのミライを考えるメディア」、店舗運営に関する最新技術やトレンド情報の発信メディア「店舗運営の未来を考えるメディア」といった自社運営のメディアの最新記事や、製品紹介、導入事例などのトピックを1つのメルマガに載せて配信しています。

当社で独自に実施した調査や体験レポートなど、読者様が、面白く読んで頂ける内容を載せており、開封率も13~15%を安定維持しています。営業チームがクライアント様とお会いした際、配信しているメルマガについて「いつも読んでいますよ」というお声掛けを頂くこともあります。

イメージ

マーケティング本部 デジタルマーケティング推進部 小島志乃 様

- 開封率13~15%も素晴らしいですが、御社が発行するメルマガはしっかりとメディアとして読者が定着している感がありますね!


イメージ

【エスキュービズム社でのメールマーケティング】徹底した情報収集と効果測定により、クリック率5%を実現!

メルマガで成果を上げるために、取り組まれていることはありますか?

出来る限り世間にまだ認知されていないような最新の情報をオウンドメディアやメルマガで提供するようにしています。例えば、過去の例ですと、レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」や「Amazon Go」等の記事は反響が良く、クリック率も5%に到達しました。

メルマガ作成の流れとしては、まず、担当者で、毎日様々なニュース記事を確認し、情報を集め、どのような記事を掲載するといいか話し合った後、各オウンドメディアに毎日1,2本新しい記事を掲載しています。Facebookとも連動しており、メディアに投稿した記事はそのままFacebookへも自動投稿されるようになっています。

投稿後、弊社の事業に関わる内容や、時事ネタ、Facebookで「いいね」の数が多かった記事など、 反響が高そうなものをピックアップし、週一回の頻度のメルマガに編集して盛り込む、といった流れで作成しています。

また、配信したメールについては、毎週必ず効果測定と振り返りを行っています。業種別の開封率やクリック率を比較して、チーム内で、メールタイトル、本文の内容、ボリューム等、今後の配信に向けて細かく改善案を出し合っています。その甲斐あってか、クリック率は2%前後 を維持できています。


イメージ

マーケティング本部 デジタルマーケティング推進部   飯田健一 様

- 毎日、各メディア1,2本の記事投稿をされているんですか!?コンテンツ制作にかけるパワーが本当に素晴らしいです。また、メルマガも配信しっぱなしではなく、しっかりと分析をされて、改善活動につなげていらっしゃる点も 素晴らしいですね。


【エスキュービズム社における配配メールとは?】余計な機能がない、シンプルなサービス設計が配配メールの最大の魅力

配配メールを導入して良かったポイントを教えていただけますか?

なんといっても余計な機能がなく、使いやすいところです。最近は、配配メールの操作画面のデザインも刷新され、さらに見やすくなりましたよね!直感的な操作で配信ができてしまうので、実は私たちに限らず、他の部署メンバーも配配メールを利用しています。私たちは、主にメディア記事の配信で配配メールを利用していますが、イベントやセミナーの集客 や運営、営業チームの架電と絡めたメール配信等、不定期に様々な目的で配配メールからメールを配信しています。

メール配信サービスを導入する際は、配配メールだけでなく様々なメール一斉配信サービスを検討しましたが、必要な機能だけがまとまっており、納得できるコストで利用出来るサービスが、配配メールでした。配配メールは、顧客情報として、メールアドレスの他にも、お名前や会社名、業種等、登録したい情報を自社でカスタマイズし登録することができるので、簡易的なCRMとしても使える点も気に入っています。

イメージ


最近は、マーケティングオートメーション等を利用し、多額のコストをかけ高度なメール配信をしようと試みる企業様も出てきていますが、特に私たちと同じようなターゲットかつ企業規模の場合は、簡易的なセグメント配信や開封率・クリック率の測定が出来るだけでも十分効果を出せますから、配配メールのようなシンプルなシステムを最大限に使いこなした方が、はるかに費用対効果がいいのではないかと考えています。

- デジタルマーケティング分野に造詣が深い御社にそのような御言葉を頂けるとは、大変恐縮です。確かに、マーケティングオートメーションはその複雑さから、営業を含む組織的な設計まで見据えて導入しないとワークしないとも聞きます。まずは、弊社の配配メールのようなサービスにてメールマーケティングを実践して知見を溜めてからでも遅くはないと思います。

また、配配メールの画面も見やすくなったとのこと、嬉しい限りです!配配メールでは、お客様のご要望をもとに、定期的にバージョンアップを行っておりますので、今後もより一層快適にご利用頂けるよう努めて参ります。本日は、本当にありがとうございました!  


余計なものが無い!配配メールのシンプルな構造についてはこちら配配メールの特徴「機能は必要なものだけ」紹介ページ


エスキュービズム社の運営メディア

VRコマース

実店舗を撮影し、そっくりそのままVR店舗にすることができるサービス。VR店舗はオンライン上に構築するので、いつでもどこにいてもアクセス可能、まるで店舗で買い物をしているように商品を探し購入することが可能となります。

詳しくはこちら
https://ec-orange.jp/vr/


イメージ


※本記事の内容は取材時の情報です

シェアする

無料でもらえる

今なら売上UPノウハウが詰まった
メルマガ成功事例集をプレゼント!

資料請求・お問い合わせ

03-6675-3612

受付時間 | 平日 9:00~17:00 (土日祝日除く)

ページトップへ