配信数が無制限の料金体系により、プレスリリースの配信コストを大幅に削減!
株式会社GYAO様

日本最大級の無料動画ステーション「GYAO!」で圧倒的な知名度を誇る株式会社GYAO様。プレスリリースを報道各社に配信する用途で「配配メール」をご利用いただいています。配配メールの導入効果についてお話をお伺いしました。

報道各社へのプレスリリース配信に利用

- GYAO様ではメール配信をどのようにご利用されているのでしょうか。

基本的に、GYAO!やGYAO!ストアのプレスリリースを報道各社に配信するために利用しています。また、当社ではヤフーグループのエンターテイメント分野の広報活動をあわせて行っています。Yahoo!映像トピックス、Yahoo!テレビ、Yahoo!映画、Yahoo!占い、Yahoo!ブックストアを合わせた合計7つのサービス各分野でのニュース内容を見極め、最適なリリースを選び、月に30本ほど配信をしています。

イメージ

配信性能とコストメリットの両立が決め手

-配配メールをご導入される際の決め手はなんだったのでしょうか?

システム選定の際は、コストメリットを第一に考えてシステムを選びました。しかしながら、媒体にリリースがきちんと配信されなかったり、配信が遅延したりすることがないよう、使いやすさと配信性能の高さも重視しました。
様々なシステムと比較した結果、コストパフォーマンスが高く、高額なメール配信システムからの乗り換えも多いという「配配メール」を採用しました。あまりのコストパフォーマンスの高さに、「本当にこの値段で大丈夫ですか?」と尋ねてしまったほどです。

配配メールは、高い配信性能を備えつつも、低価格で提供しています。これは、利用頻度の少ない機能を省くことで実現できています。

配信数が無制限なのでプレスリリースが重なっても安心

-配配メールを導入して効果を実感したことはありますか?

配配メールは、登録しているメールアドレスの数に応じて料金が決まりますよね。同じメールアドレス宛てであれば、何度配信しても料金が増えることがないので、コストメリットが出やすいです。
プレスリリースの配信は広報業務の一環であり、プロモーション業務のように、数万人や数十万人など多くのユーザに一切配信を行うものではありません。
プレスリリースの配信先は、常に全てのニュースリリースを配信する媒体がWEB媒体を中心に約70、アニメや音楽などといった専門の媒体は20ほどあります。あわせて約120ほどの媒体にプレスリリースを配信しています。配信先の数はそれほど変わらなくても、月によってプレスリリースの頻度は大きく変わるので、プレスリリースが重なっても、料金を気にせず利用できるのは安心ですね。

GYAO様と同じ理由から、企業の広報部門で「配配メール」を導入していただくケースが最近増えてきています。メール配信通数は無制限なので、決まったお客様に定期的にメール配信を行う企業様には最適です。

その他の導入事例

業種・規模問わずたくさんの企業様にご利用いただいております。
数あるメール配信システムの中から「配配メール」をお選びいただいた理由やメルマガの成果などを、インタビュー形式でご紹介します。

何度送っても定額だから安心

親切・丁寧なサポートを無料でご提供

配配メール関連サイト情報

  • OEM
  • メルラボ
  • クルメル
  • メールディーラー
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク